1. まとめトップ

【2018年版】神5!プロジェクト管理ツールまとめ

早く帰るためにも効率よくプロジェクト管理をしたいですよね。それにはプロジェクト管理ツールが簡単で便利です。社内、社外を含む複数人が参加するプロジェクトだと、情報を残すのが大変ですから。今回は、無料版もあるプロジェクト管理ツールをまとめました。

更新日: 2018年11月06日

3 お気に入り 2956 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

残業を早く終わらせたくてまとめました。

diver11さん

2018年版の神5!プロジェクト管理・タスク管理ツール

悩んでもプロジェクトを管理できません。。。

プロジェクト管理ツールで分析、まとめが必要です

1、【無料】Redmine レッドマイン

オープンソースのソフトウェア。
それゆえ無料で使えるプロジェクト管理ツール。

データは一箇所で管理

表計算ソフトは同時に編集できないため、個人がファイルを勝手にコピーして更新し似たような名前のファイルが散らばってしまいがちです。

Redmineならデータを一箇所で管理するので、全員が同時に最新で正しいデータを利用できます。

サポートを受けたいなら、有料版ホスティングサービスもあります。

Planio(プラニオ)

2、【無料】Trello トレロ

Trelloは、看板方式のタスクが管理できるツール。
使いやすいし、無料。
タスク管理が基本機能。

Trelloには「ボード (Board)」>「リスト (List)」>「カード (Card)」の3つの構成要素から成り立っています。
基本的には、ボードはプロジェクト単位で作成、リストは進捗単位で作成、カードはタスク単位で作成していくことが多いようです。
しかし、実際にはこれに縛られず、自由自在に使うことができます。

3、バックログ

バックログは、わかりやすいUIで、使いやすいプロジェクト管理ツールです。
機能は、ガントチャート、Wiki、ソースのバージョン管理システム。

有料課金なので、企業としては使いやすい。

進捗状況の管理が誰でも簡単!履歴が追える!

まず、課題の進行状況を、「未対応」「処理中」「処理済み」「完了」のステータスで表示することができます。
また、一度入力した内容に変更をかけた場合、変更内容が"自動的"にコメント欄に表示されます。

ファイルサーバーとしての機能も便利。
メニューから「ファイル」を選択し、自由にディレクトリやファイルを作成出来ます。
またファイル共有も可能でWindowsならExplorer, MacならFinder経由でリモートと同期してファイルへのアクセスが可能です。

4、Stock ストック

直感的な操作性のプロジェクト管理ツール
シンプルであることが特徴。
「ノート」「タスク」「チャット」の3つの機能
個人的にはオススメ。

Stockでは、チームやプロジェクトごとにフォルダを作ることができます。そのフォルダにはそれぞれ紐付けされたノートが存在し、そのノートにテキストや画像データをドラッグ&ドロップで添付することで、必要な情報のみをまとめられます。

これ以上なくシンプル。
チーム内の情報共有に、ストレスがなくなります。

5、Jooto

1 2