1. まとめトップ

【薄毛必見】外用ミノキシジル三大製品(リアップ・ミノキ・リグロ)比較!

最近注目が多く集まっている外用ミノキシジル製品を徹底比較!元祖外用ミノキシジル製品である大正製薬「リアップ」,後発だが圧倒的ブランド力のあるアンファーの「メディカルミノキ5」,そして新商品となるロート製薬の「リグロex5」で迷っている方は参考にして下さい!

更新日: 2018年11月07日

4 お気に入り 1846 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Mlackbirdさん

▼目次

➀「外用ミノキシジル」とは?

➁「リアップ」とは?

③「ミノキ」とは?

④「リグロ」とは?

⑤「価格」比較

⑥「成分」比較

⑦副作用について

⑧まとめ

▼➀「外用ミノキシジル」とは?

ミノキシジル(Minoxidil)とは血管拡張薬として開発された成分。

後に発毛効果があるとされ発毛剤に転用され、日本以外ではRogaine(ロゲイン)の商品名で売られている。

日本では一般用医薬品として大正製薬からリアップシリーズが、アンファー株式会社からスカルプ,メディカルミノキ5が市販されている。

ミノキシジルは直接毛母細胞に働きかけ、毛母の細胞分裂を活性化させ、髪成長を早める働きをします。

ミノキシジル外用は有用か?

推奨度:A

推奨文:ミノキシジル外用を行うよう強く勧める

(男性型脱毛症:5%ミノキシジル,女性型脱毛症:1%
ミノキシジル)

▼➁「リアップ」とは?

大正製薬によるアップX5プラスは、「壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防」を効能・効果に持つ男性用発毛剤(第1類医薬品)です。

すでに世界約90ヵ国で使われている有効成分ミノキシジルを配合した、壮年性脱毛症における男性用発毛剤です。

▼③「ミノキ」とは?

「スカルプD メディカルミノキ5」は、一般用医薬品として国内で唯一発毛効果が認められている外用成分「ミノキシジル」を5%配合した発毛剤で、アンファーと東亜薬品株式会社が共同で開発したもの。

今回、アンファーが注目したのは、これまで発毛剤の使用率が低かった30代の男性。

アンファーは、「30代男性は、発毛剤に対して機能的価値を理解している一方で、発毛剤を使用することに対して、自分を下げてしまうような情緒的なマイナス価値を持っている」とし、発毛剤を使いたいのに敬遠している“潜在層”がいると考察しました。

▼④「リグロ」とは?

ロート製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役会長兼社長:山田邦雄)は、発毛成分※2「ミノキシジル」を国内最大濃度※1配合した第1類医薬品『リグロ®EX5』を2018年11月17日(土)に全国の薬局・薬店等で新発売いたします。

本品は、壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防の効能・効果をもつ、成人男性(20歳以上)を対象とした医薬品です。

当社の調査※3では、20~60代男性の約4人に1人が「薄毛について悩んでいる」ものの、その中で「毛髪や頭皮のために発毛剤を使用している」と回答した方はわずか3.3%という結果で、悩みはあるものの未だ多くの男性が発毛剤を使用していない実態が判明しました。

そこで製薬会社から、発毛効果へのエビデンスがある有効成分「ミノキシジル」を配合した発毛剤を新しく提案いたします。

▼⑤「価格」比較

「リアップX5プラスローション」第1類医薬品
量:60mL
本体価格:7,048円(税抜)⇒7,612円(税込)

「メディカルミノキ5」第1類医薬品
量:60mL
本体価格:7,222円(税抜)⇒7,800円(税込)
※セット割引き有
「3本セット」21,060円(税込)⇒7,020円(税込)/1本
「4本セット」2,7000円(税込)⇒6,750円(税込)/1本

「リグロ®EX5」第1類医薬品
量:60mL
本体価格:7,000円(税抜)⇒7,560円(税込)

▼⑥「成分」比較

「リアップX5プラスローション」

(100mL中)

・ミノキシジル 5.0g
・ピリドキシン塩酸塩 0.05g
・トコフェロール酢酸エステル 0.08g
・l-メントール 0.3g

添加物:セタノール、1,3-ブチレングリコール、ジブチルヒドロキシトルエン、リン酸、エタノール

【各成分のはたらき】

ミノキシジル:発毛、育毛及び脱毛の進行を予防します。

ピリドキシン塩酸塩:過酸化物質やフケの発生の原因となる皮脂の過剰な分泌を抑制します。

トコフェロール酢酸エステル:皮脂の酸化を防ぎ、頭皮を保護します。

l-メントール:頭皮のかゆみをおさえ、清涼感を与えます。

「メディカルミノキ5」

1 2