来年1月にも始まる日米物品貿易協定(TAG)交渉。その際、トランプ氏の矛先が先鋭化してくれば、日本にとって厳しい交渉になる。

出典第2次トランプラリーは短命か、日本も歓迎しにくい米ねじれ議会 | ロイター

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

日本への風当たりが強くなる?米「ねじれ議会」誕生で生じること

アメリカで中間選挙が行われました。その結果、上院と下院で議席が別れてしまう「ねじれ議会」が誕生しました。そのねじれ議会による日本への影響は?

このまとめを見る