1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

独特の世界観に度肝を抜かれる!村田沙耶香のおすすめ小説7選

『コンビニ人間』で芥川賞を受賞し、話題となった村田沙耶香さん。独特の世界観に度肝を抜かれてしまう村田沙耶香さんのおすすめ小説をまとめました。(コンビニ人間、地球星人、殺人出産、しろいろの街の、その骨の体温の、授乳、消滅世界、マウス)

更新日: 2018年11月11日

130 お気に入り 20150 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sryamaさん

★『コンビニ人間』

36歳未婚、彼氏なし。コンビニのバイト歴18年目の古倉恵子。日々コンビニ食を食べ、夢の中でもレジを打ち、「店員」でいるときのみ世界の歯車になれる――。

『コンビニ人間』村田沙耶香 読了。芥川賞受賞作でおもしろいと思ったのはいつ以来だろう? 役割を与えられ歯車のひとつとして機能することによってのみ社会で生きられる。感情というものがない、または表出の仕方がわからない。人はきっと、多数の人が「正解」とする「普通」を何となく演じている。

村田紗耶香さん著 #コンビニ人間 読了。面白かった。ダイバーシティが叫ばれる今の世に好きに生きるのは難しいことを感じさせてくれます。

コンビニ人間、読了。 「自分に誠実な生き方」は時に「正常な世界」に反する場合があるのかもしれない。 少数派というだけで異質扱いを受け、何故プライベート域に勝手に土足で踏み入られなければいけないのか。そもそも「普通」とは一体何なのか…。 考えさせられる作品でした。

★『地球星人』

地球では「恋愛」がどんなに素晴らしいか、若い女はセックスをしてその末に人間を生産することがどんなに素敵なことか、宣伝している。地球星人が繁殖するためにこの仕組みを作りあげたのだろう。

地球星人読了。 衝撃すぎて、感想もなにも思いつかない。。 人間として生き続けていくことも、本来の姿で生きていくことも、なんて難しいのだろうか。。 洗脳されてることに気づきながらも、壊れずに楽しむという道はありえなかったんだねぇ。

村田沙耶香 著【地球星人】読了。 想像だにしなかった終わり方だったが、自分の中にある倫理観、道徳観、常識を完全に壊されたような気がした。これから一体、何を信じていったらいいのだろう。

村田沙耶香先生「地球星人」 ホラーだと噂の作品^ ^ 確かに最後は怖かったけど面白かった!村田さんには珍しい子供目線の前半もさすが。人間工場って社会制度への警告だし結婚仕事妊娠とは無縁の世界が今こそ必要なのかも...救われる人多いのでは。極端な話だけど多様性は重要だと思う #読書 #読了 pic.twitter.com/qj0tGXo6Jv

★『殺人出産』

今から100年前、殺人は悪だった。10人産んだら、1人殺せる。命を奪う者が命を造る「殺人出産システム」によって人口を保つ日本。会社員の育子には十代で「産み人」となった姉がいた。

殺人出産/村田沙耶香 読了。「生」と「性」に限りなくドライである世界が描かれた短篇集。今ある常識は簡単に常識ではなくなる。モラルの変化、その過渡期の葛藤。 ある種合理的な価値観に美しさを感じました。 pic.twitter.com/lLuqfMSlrv

#村田沙耶香 さんの #消滅世界 読了。村田さんワールド凄すぎる… 殺人出産の世界をもっと広げた感じ。主人公の心境の変化が読み取れて面白かった。一定数の異常者がいるのが普通の世界なんだ。みんな同じじゃなくていい。 #読書 #読了

村田沙耶香『殺人出産』(講談社)読了。母親が自ら出産する時代は終焉を迎え、女性のみならず男性も人工子宮で妊娠、出産する日本。請け負う人々には、10人産めば誰でも一人殺す権利が与えられる。 普通のOLの日常会話に歪んだ倫理観が何気無く滲み、いつの間にかじわじわとすり替わるこの怖さ。

★『しろいろの街の、その骨の体温の』

クラスでは目立たない存在である小4の結佳。習字教室が一緒の伊吹雄太と仲良くなるが、次第に伊吹を「おもちゃ」にしたいという気持ちが強まり、ある日、結佳は伊吹にキスをする。

『しろいろの街の、その骨の体温』 少女の生々しい内情を綴った作品。 学校や街が大嫌い。独特な閉鎖的な空間に息苦しさを感じる少女。屈折しながらも、成長する過程が圧巻で引き込まれる。 とにかく心理描写と、比喩がうまい。 普通のキラキラした恋愛小説に飽きている人にオススメ! #読了 pic.twitter.com/MclyPqB3Tn

村田沙耶香『しろいろの街、その骨の体温の』。新興住宅地に住む少女を主人公として、小学、中学時代における少女の心理を描く。クラス内ヒエラルキーの描写が生々しい…が!少女の自意識、身体の成長と新興住宅地の拡張をリンクさせることで、その苦悩や葛藤がより分かりやすく表現されていた。#読了

村田沙耶香さん「しろいろの街の、その骨の体温の」読了 。 村田さんの魅力に溢れている作品。 苦しくて目をそらしたくなりましたが、目をそらさずにいられなかった。 主人公が心の中で持っている世界観がとても素敵で、それを表現する言葉が斬新で綺麗。村田さんはやっぱりすごい...。 pic.twitter.com/fdDS3PS1DZ

★『授乳』

受験を控えた私の元にやってきた家庭教師の「先生」。授業は週に2回。火曜に数学、金曜に英語。私を苛立たせる母と思春期の女の子を逆上させる要素を少しだけ持つ父。

村田沙耶香「授乳」(講談社文庫)読了。 村田沙耶香のデビュー作。 なんだろう、ブラックなのに惹きつけられるものは(笑)

村田沙耶香『授乳』読了。現実と親密になれなかった三人の少女。現実から愛情を受け取れなかった彼女らはそれでも安心を得るため自分の中に擬似的に「息子」「恋人」「飼い主」を創り出す。妄想に依存しその中で必要とされることで安心を得る。自分の中に逃げ込んでしまった彼女らには他に逃げ場がない

村田沙耶香『授乳』読了。歪んだ世界に生きる女性たち。健全を嫌悪し不健全な感覚に心をゆだねるも、その体は心ほどは自由にならず混乱を極めて行く。正常とか異常とかもはや関係ない。

1 2