1. まとめトップ

世界はこんなに近かった!日本と海外を結ぶ飛行機のフライト時間の短さランキングBEST5

島国日本。海外旅行は何かと遠いイメージがあるが、実際には日本は絶海の孤島ではないので、近い場所はとことん近い。飛行機で1日かけて移動するのが海外旅行だと思いきや大間違いだ

更新日: 2018年11月08日

2 お気に入り 780 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

あっという間の時間で日本と世界を結ぶ航路はこんなにある

gudachanさん

【第5位】石垣島⇔香港 2時間

日本の南西に位置する沖縄県の石垣島。ここからさらに南西に向かった先には香港がある。風向きや時期次第では、わずか1時間半のフライトになることもある

機材はエアバスA320型機(174席、180席)。通常料金は片道1万円前後で、石垣-香港間を約2時間で結ぶ。

【第4位】新潟⇔ウラジオストク 1時間半

ロシアというと遠いイメージだが、日本海に面した新潟なら海を越えれたすぐ先の場所だ

新潟とロシア極東を結ぶ. 直行便運航!新潟空港から1時間30分の. ロシア極東へおでかけください。

【第3位】札幌⇔ユジノサハリンスク 1時間20分

同じロシアでも、サハリン島はもっと身近。隣の北海道から、宗谷海峡を越えてひとっ飛びでこの程度

新千歳空港からユジノサハリンスクまでのフライト時間は、約1時間20分。

【第2位】石垣島⇔台北 40分

香港の手前にあるのが台湾。石垣島から台湾ならぐっと近く、その移動距離はわずか40分。本土はおろか同じ県内のはずの沖縄本島よりも近い

台湾は沖縄県石垣市から約110kmの沖合にあり、石垣空港から桃園台北国際空港まで直行便で約40分の距離にあり、石垣島から沖縄本島までの飛行時間より短い場所に位置します。

【第1位】対馬⇔釜山 26分

天気が良ければ肉眼で見えるほど韓国が近い対馬。釜山までのフライト時間は26分なので、アニメ1本見ることもできない。日本本土(九州)に行く方が距離も時間も遠のく

週5日運行、プサンからは飛行時間26分なので彼らは自分の庭の感覚なのでしょうね。
この飛行時間で飲み物サービスもあるとか、早く飲まないと到着してしまうのでは。

1