1. まとめトップ
1 お気に入り 2179 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

LGBT内でも・・・

『バイセクシャルは、ノンケ(ストレート)からも、レズビアンやゲイといった他のLGBTからも差別の対象にされる可能性がある』

ストレートの人からは、レズビアンやゲイであるとみなされてしまう。その一方で、LGBTコミュニティでは、「異性とも付き合える=LGBTコミュニティを裏切るかもしれない」と、周囲から信用を得られないことがある

バイフォビア(両性愛嫌悪)

『同性愛の視点から見て、両性愛者を自分たちのコミュニティーに受け入れ難い』

「バイセクシャルが経験する差別の割合は、ストレートからのものが圧倒的に多いにもかかわらず、与えられるダメージの大きさについては(異性愛者と同性愛者からの差別のあいだで)それほど大きな差は見られなかった。」

マサチューセッツ大学の研究チームが745人のバイセクシャル当事者を対象に、差別の経験について調査を行った

例えばバイセクシャルの女性“Aさん”がレズビアンの女性“Bさん”とお付き合いするとします。しかしながら、ある時結婚や出産を意識してAさんは、Bさん別れ男性とお付き合いをする。

こういった可能性を想定され、同性愛者のかたからは恋愛対象として外されることは往々にしてあります。

ストレートにも同性愛にも属せない

バイセクシャルは“ノンケ”のコミュニティーにも“同性愛”のコミュニティーにも属すことが難しい

ここでいう“コミュニティー”とは実際にある具体的な団体というよりも『自分はこういった特性の人たちと同じ価値観である』というような感覚的なもの

「同性愛者のコミュニティで、バイセクシュアルは『異性を愛せるなら仲間じゃない』と、はじかれてしまう。でも一般の人にも『男女両方いけるって、意味が分からない』と言われる。孤立してしまう立場なんですよね」

「人間は異性愛者か同性愛者のどちらかでしかないまたはそのどちらかにしかなれない、という考え方が、本来連続体であるはずの人間のセクシャリティを二元的な見方にとどめてしまっている。」

同性愛者でも異性愛者でも「単性愛主義」に当てはまり、バイセクシャルがある種「異常」であるかのようにとらえられてしまっている

イセクシャルの人は一つのカテゴリーに自らを組み込んでいくのが難しく、特に同性愛者のコミュニティでのけ者にされたように感じてしまうとき、最もつらいと感じる

2人の人間があなたに対して鋭く叫んでいるようなものなのでしょう。ただし片方の声は1デシベル高いのです。

バイセクシャルに対して・・・

「節操がない」「性欲が強い」
「本当は同性愛者なのに、体面を気にしてウソをついている」
「半端者」「どっちつかず」

誰にも言わない

2013年にピュー研究所が米国で行った調査では、バイセクシャルであることを「周囲にオープンにしている、あるいは、大切だと思うほとんどの人に伝えている」と答えたのは、たった28%だった

「セクマイの中で疎外感を感じている人が多い。そのためバイだと言わず、レズorゲイだと答える人が多い」

「バイセクシュアルは、ゲイやレズビアンのコミュニティで、『バイです』と言えず、同性愛者だとウソをついていることが多いです。セクシュアルマイノリティの中でも自分を偽らないといけない」

1