1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「1度も同意していない」‥メイウェザー「RIZIN.14」中止発表に様々な声

闘技イベント「RIZIN.14」でメイウェザー選手vs那須川天心選手の対戦が発表され、その後、メイウェザー選手がインスタグラムで中止を発表しました。

更新日: 2018年11月08日

7 お気に入り 45879 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●メイウェザーvs那須川天心の対戦が発表された格闘技イベント「RIZIN.14」

ボクシングの5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)が総合格闘技イベント「RIZIN.14」(12月31日・さいたまスーパーアリーナ)に参戦

2015年5月には、世界6階級王者マニー・パッキャオとの対戦は「世紀の対決」として注目され、判定勝ち。

●しかし、メイウェザー選手がインスタで中止を発表

ボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(41=米国)が8日、インスタグラムを更新。

12月31日の格闘技イベント「RIZIN.14」で予定していたキックボクシングの那須川天心(20=TARGET)との異種格闘技戦を中止にすると発表

・「公式戦には一度も同意していない」と主張

長文投稿で、埼玉で予定されていた那須川との試合について、主催者側から「不意を打たれた」と主張。

「私、フロイド・メイウェザーは、那須川天心との公式戦には一度も同意していないことをはっきりさせておきたい」と書いている。

・契約内容にも触れ「9分間のエキシビションと聞いていた」とコメント

当初、耳にしていた契約内容にも触れ「私はRIZINが選んだ相手と3ラウンド9分間のエキシビションと聞いていました。

高額の料金を払うごく少人数の裕福な観客の前での試合と聞いていた。娯楽目的の特別試合で公式試合として行われたり、広くテレビ放送されることも意図されていなかった」と主張

榊原信行実行委員長は「スペシャルスタンディングバウトになる。公式な記録に残る試合ではないが、真剣勝負の果し合いになる」と語っていた

・一方、マネジメント担当者は「完全に予定を狂わされた」と主張

さらにメイウェザーは、5日に東京で行われた記者会見に到着した直後、話が「新たな方向」に進んだことで

自身や自身のマネジメント担当者は「完全に予定を狂わされた」と主張し、「すぐにやめさせるべきだった」としている。

●ネットでは、このニュースに様々な声が上がっている

おぃぃメイウェザー………笑笑笑 めっちゃ楽しみだったんだけど

メイウェザーとの一戦あんだけ盛り上げといてなしかい

1 2 3