1. まとめトップ

AI自動着色サイト「Style2Paints」を試してみた

次々と開発される機械学習・AIによる自動着色サービス。話題の「Style2Paints」を試してみました。

更新日: 2018年11月08日

1 お気に入り 686 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

まとめの中のイラストは自分で描いてます。

KURISEKIHANさん

話題のAI自動着色サイト「Style2Paints」

使い方は日本語のチュートリアルがあるので見てください

着色処理後ダウンロードボタンをクリックすると以下のファイル+線画ファイル、計9ファイルが書き出されます

4と5のファイルを画像加工ソフトでレイヤ重ね合わせ(乗算)をすると1のファイルになります。

これも乗算で重ねれば3になる(と思ったんですが色味が変わる部分があって単純な乗算じゃないかもしれません)

1のファイルに線画を除算で重ねた結果に近いが完全には一致しないのでよくわかりません。

ほぼ2と同じ。よく見ると線画で文字を書いた部分がこちらは線画の黒。2は着色されている。

レンダリングの光源は設定変更できます

注意深いモード(careful mode)では、AIは慎重に色をペイントし、色付けの結果はきちんとしているが、AIの潜在力が人間の意志に制限されるかもしれない。

不注意モード(careless mode)では、潜在力を制限せずにAIは独自の方法で色をペイントし、色付けの結果は独特で、調和的ですが、時にはAIは人間の意志を反抗するため、細かいところには損失の可能性があります。

1 2