複雑な曲構成やふんだんに使用されたエフェクトが批評家筋から嫌われ、中には「こんなものが売れたら帽子でも何でも食ってやる」と叩く批評家もいた。

出典戦慄の王女 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る