1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

徴用工にBTS原爆騒動…「日韓関係」が泥沼化ししつあるみたい

お隣の国「韓国」と日本との関係が悪化しています。

更新日: 2018年11月09日

9 お気に入り 52260 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■日韓関係がよくない

恐らく日韓関係はいったん破綻しないとどうしようもないと思う。そこまでやらないと事の深刻さに気付かないのではないか

中国メディアの澎湃新聞は、「日韓関係は徴用工問題で緊張が高まり、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の年内の訪日は難しくなった」とする記事を掲載

■発端となったのは「徴用工問題」だ

ここ最近、自衛艦の旭日旗掲揚問題などでぎくしゃくしていたが、韓国最高裁が日本企業に元徴用工への損害賠償を命じた判決をめぐる両国政府の非難の応酬が関係悪化に拍車を掛けた

日本の植民地時代の強制労働を巡り、韓国人4人が新日鉄住金(旧新日本製鉄)に損害賠償を求めた訴訟の差し戻し上告審で、韓国最高裁は同社に計約4億ウォン(約4千万円)の支払いを命じた。

判決は、1965年の日韓基本条約を否定するものではない」との見解を示したが、日本側は日韓基本条約とそれに付随する日韓請求権協定に反しているとしており、いっそうの対立は避けられそうにない

■元徴用工への補償措置に関しては政府間ですでに「決着済み」だった

日韓両政府は元徴用工への補償措置に関し、1965年の日韓請求権協定で決着済みとしてきた。

「日韓関係の法的基盤が揺らいでしまう」「100%、韓国側の責任において(解決策を)考えることだ」(河野太郎外相)と強く反発

韓国政府にしてみれば大法院の判決を否定するわけにはいかない。かといって判決をそのまま認めれば日韓関係が立ち行かなくなる。身動きの取れない状態

■双方の溝は深くなるばかりだ

安倍晋三首相は「あり得ない判断」と反発。河野太郎外相は「暴挙」「国際秩序に対する挑戦」と激しく非難した。

李洛淵(イ・ナギョン)首相も、河野太郎外相らが判決を「暴挙」と批判しているのを受けて「日本政府の指導者が過激な発言を続けていることに深い憂慮」を表明した。

この事態を避けるにはどうしたらいいのか。韓国政府が今後同様の裁判を開かせないようにするのは無理だろうし、賠償金を負担することもないだろう

■この問題は日本国内でも大きな関心ごとに

徴用工判決「日本政府の対応はプロパガンダ」「請求権協定の白紙撤回を」弁護士たちの様々な声 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-… @YahooNewsTopics 「何度交渉して何度合意しても別の問題があると話を蒸し返されたのでは国家間の合意など成り立たない」 その通りだと思います

徴用工問題はほんとに目が離せない。 どう決着つくんかなぁ。

世界に何を言われようが、永久に慰安婦と徴用工を問題にしていくんだろうな... https://t.co/EzsJT5wsZw

■更に、防弾少年団(BTS)の「原爆Tシャツ」も問題になっている

防弾少年団(ぼうだんしょうねんだん、ハングル:방탄소년단)は2013年6月13日にデビューした韓国の男性ヒップホップグループ

メンバーが、原爆投下を肯定するかのようなTシャツを着た写真が問題となっており、さまざまな方面で波紋を呼んでいた。

1 2