1. まとめトップ

肉と卵の旨味の融合☆すき焼き

肉と各種野菜を濃いめの汁で煮て、溶き卵で食べる昔からごちそうとされる鍋料理、すき焼きのご紹介。

更新日: 2018年11月09日

1 お気に入り 57 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

すき焼き大好きです。

moepapaさん

すき焼きとは

すき焼き(すきやき・鋤焼)は、食肉や他の食材を、名称とは異なり焼くのではなく浅い鉄鍋で割下と呼ばれる調味料で煮込む日本の料理である。割下は醤油、砂糖、酒などを合わせたものである。

一般的なすき焼きは薄切りにした牛肉が用いられ、ネギ、ハクサイ、シュンギク、シイタケ、焼き豆腐、シラタキ、麩などの具材(ザクと呼ぶ)が添えられる。味付けは醤油と砂糖が基本である。溶いた生の鶏卵をからめて食べることが多い。

「豚すき」「鳥すき(鶏すき)」「魚すき」「蟹すき」「うどんすき」など、牛肉以外の材料を使用したものについても「すきやき」と呼ぶことがあるが、調理法や味付けはそれぞれ異なる。

すき焼きは関西で誕生した料理であり、江戸時代以前には魚介類を用いた「魚すき」といわれる料理が存在していた。牛すき焼きの専門店としては1869年(明治2年)に神戸元町に「月下亭」が開店している。すき焼き本来のスタイルは牛肉を鉄鍋の上で「焼く」もので、肉と野菜を同時に調理したり、水分を加えて煮込んだりすることはない。

すき焼きは、日本国内各地方でその調理法に違いが見られる。使用する野菜も、地方や家庭によってはモヤシを入れたりジャガイモを入れたりと様々である。

発祥の地である近畿地方では、「すき焼き」の名のとおり肉を焼く調理法である。火にかけたすき焼き鍋に牛脂を引いて牛肉を焼き、砂糖と醤油で味を付け、さらにネギ・キクナ(シュンギク)などの野菜や豆腐・糸コンニャクといった具を加える。

様々なすき焼き

鍋の中でも、牛肉がメインで、ちょっと高級な鍋料理です。

濃いめの割り下で、ごはんのおかずとしてもよく合うので、ごはんに乗せて丼物にしたり。

評判

すき焼き定食890円-やよい軒 錦糸町北口店。 吉野家の様に固形燃料での加熱が無いから最初から煮込み多目なのは解るけど煮込み過ぎで野菜がクタってるし肉も硬くなってる。3枚目は2日前に食べた690円の吉野家のすき鍋膳。吉野家の方が美味く見えるよね。webの写真は美味そうw yayoiken.com/sp/menu_list/v… pic.twitter.com/tsyDBh7NIT

次のお仕事が銀座で少し時間があったので遅めのお昼にすき焼き丼を食す ここは夜はすき焼きやステーキをA5の肉で出す端の切り落としをランチに出してるから、ちとお高くても肉自体の味は間違いないのである pic.twitter.com/cf1BZEZohf

1 2 3