1. まとめトップ

38歳でキャリアウーマン負け組が確定!35歳以上で結婚確率が2%という事実!結婚できない30代

30代を仕事に没頭したキャリアウーマンは、35歳を過ぎると結婚できる確率が急激に低下します。38歳で人生の負け組確定とまで言われます。良いパートナーの確保には、時間・お金の投資が必要になります。それを怠ると、孤独に1人で過ごす人生に突入します。

更新日: 2018年12月10日

0 お気に入り 671 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

世間一般的にみていかにも幸せそうにしている人は、見た目が普通で特にキャリアを積んでいなくても、良きパートナーを確保している女性が多い

◆一般的に、女性38歳で負け組が確定

一般的にみて、38歳独身女性と聞くと、仕事でどんなにキャリアをつんでいても所詮は「負け組み」。

2010年の国勢調査によると、30歳の女性が34歳になるまでに結婚する率は30%程度、35歳以上の女性が40歳までに結婚する率は2%と、年齢と共に低くなっていく

◆上から目線の発言が目立つ

社会に出てキャリアを積んだ30代女性ほど、上目線で話す傾向があります。婚活では、30代に突入すれば男性からは選んでもらいにくい年齢に入ります。

まわりからは「まだあんなこと言ってる」「いい加減に気づいたら?」「あの人、自分が選べる立場じゃないのにわかってるの?」と思われてしまう可能性があります。

◆いつ、運命の人に出会う?

結婚願望はあってもまだしていない人は、ただ単にまだ運命の人と出会っていないだけだと思います。

30歳をすぎて「家族がほしい」と思うようになり、婚活をはじめたものの、大苦戦するケースは本当に多いのです。「私は〇〇だけでいい」と決めつけるのは、自分の未来を狭める行為に等しい

彼氏いない歴3年。。。 仕事はそれなりに充実していますが、家庭もほしいななんて、最近思い始めて、悩んでます。

◆周囲の女性と合わなくなる

三十代の女性ならほとんどの方が、結婚したり、子供がいたりして家事や育児に追われる中、 バリバリのキャリアウーマンなら全然環境が違うので、仲良かった友達なども自然と離れて行ってしまいますよね。

ハタから見れば、1人の女性より家族の方が幸せに見えます。人間は愛がないと生きていけないので、結婚しなくても、自分を理解してくれる人、恋人などが居るといいですね。

やがて上目線の女性は、自分と同じ年代の女性といつもつるんで、ランチやディナー、旅行の話に花を咲かせ、婚活の話に及ぶと、互いの好みについて自分の至らなさよりも相手に求める条件ばかりを出し合う、トークバトルを繰り広げるようになります。

◆30代なのに上から目線?

自分がまだまだイケてると勘違いしている女。確かにそこそこ綺麗でスタイルも悪くないけども若い子と張り合うような態度……。

適齢期をすぎてしまい、それでも「いい人いれば結婚したい」と言い続けることをやめないので、まわりからは「もう選べる立場じゃないんだけど」と思われてしまうわけです。このような女性は、男性から好感をもってもらえません。

◆賢い女性の選択

賢い女性は人生の最期の時までしっかり計算に入れながら生活しているので、結婚して子供を産む事を重要視

女ひとりは気楽で自由です。でも寂しいかもしれない老後を覚悟しておくことも必要ですよね。 今はいいんですよね。今は。

◆完全に勘違いしている

1 2