1. まとめトップ

10歳若く見える方法!アンチエイジングの基本は、食事・睡眠・運動で若返る

35歳をすぎると、男女ともに老化を予防するアンチエイジングが重要になってきます。老化を予防する事で、実際の年齢より若く見えたり、病気を予防する効果があります。特に40代からの下落が一気に加速します。

更新日: 2018年11月10日

5 お気に入り 3544 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

◆誰でも起こる老化現象

老化の現象には、遺伝子の異変、免疫力や細胞機能の低下、ホルモンレベルの低下、ストレスなどが密接にかかわっていることが徐々にわかってきている。

アテローム動脈硬化症、パーキンソン病、狭心症、心筋梗塞、アルツハイマー病、統合失調症、双極性障害などに酸化ストレスが関与しているとされる。

◆食事に気を使う

若く見える人は毎日の食事に気を使っています。年齢を重ねるとあまり口にしなくなるお肉も実は大切な成分の一つです。

◆ストレスに注意する

不安や緊張状態、イライラなど過度のストレスを感じると交感神経が活性化されて血管が収縮し、血行障害となる。

◆ビタミンCを摂取する

実験でビタミンCを極端に減らしたマウスは寿命がなんと、4分の1になったのです。そう、ビタミンCの真の実力とは「老化防止」。

ビタミンCは、吸収されやすい物質です。それから水溶性ビタミンなので、血中に回って、カラダのよくないところに到達することができるので非常に即効性が高い

◆紫外線を予防する

肌の老化の原因の8割は紫外線なんです。これは、紫外線による細胞へのダメージが大きい

毎日外を歩いているだけでも浴びている紫外線は、皮膚がんや肌の老化に深く関係している。

細胞にはそれを修復する機能があるが、繰り返し傷つけられていると、遺伝子の突然変異が起こりやすくなる。その部分ががんの発生に関わる遺伝子であると、皮膚がんが起こりやすくなる。

サングラスを選ぶときは、上方や横からの紫外線を考慮して、レンズの大きいもの、目を覆うようにピッタリとガードするタイプのものが良いでしょう。

◆日光浴でビタミンDの生成

ビタミンDは、血液中のカルシウム濃度を一定の濃度に保って骨格を保つということです。

紫外線をある程度浴びることは、健康を維持するために必要であることにも注意する必要がある。紫外線を浴びることで、体内でビタミンDが生成される

ビタミンDには、肝臓がん、肺がん、乳がん、前立腺がんなど、さまざまながんに対する予防効果があることもわかってきた。

1