1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ミステリーからファンタジーまで!今週末公開の「おすすめ映画」

今週末公開の「おすすめ映画」5作品。ミステリー『人魚の眠る家』&『銃』、アクション『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』、ファンタジー『A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー』、人間ドラマ『母さんがどんなに僕を嫌いでも』。

更新日: 2018年11月16日

6 お気に入り 2662 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『人魚の眠る家』(11月16日公開)

東野圭吾の同名小説を篠原涼子&西島秀俊の共演で映画化するヒューマンミステリー。

「明日の記憶」の堤幸彦監督がメガホンをとり、愛する娘の悲劇に直面し、究極の選択を迫られた両親の苦悩を描き出す。

脚本を、NHKの連続テレビ小説「まれ」やドラマシリーズ「犯罪症候群」などの篠崎絵里子が担当する。

「人魚の眠る家」試写会終了。序盤から約9割が号泣!奇跡なのか?エゴなのか? こんなに誰かと感想を話したくなる作品も珍しいけど、何を書いてもネタバレになりそうなので我慢。 #人魚の眠る家 #篠原涼子 #西島秀俊 pic.twitter.com/oXd8rfLP8V

東野圭吾原作「人魚の眠る家」の試写でした。近いテーマだとベロッキオの「眠れる美女」になるかな。でも今作はもう少し医療・法律・技術なども絡めて「正解」は出てこない問いを描いていた。原作からいくつか改変してはいるけど、概ね忠実で、原作にはない心温まるエピソードも。 #人魚の眠る家 pic.twitter.com/hJVwgXFkiX

◆『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(11月16日公開)

壮絶な母子関係を赤裸々に綴り話題となった自伝的コミックを太賀×吉田羊共演で映画化。

社会人として働く主人公タイジが何年もの間関係を断っていた母と向き合い、その愛を取り戻そうとするさまを描く人間ドラマ。

「レディ・プレイヤー1」の森崎ウィンをはじめ、白石隼也、秋月三佳、木野花らが脇を固める。監督は「すーちゃん まいちゃんさわ子さん」の御法川修。

11/16公開の『母さんがどんなに僕を嫌いでも』試写。 母からの虐待で育った主人公が、自分の人生や親と向き合うまでの話。辛い生い立ちの主人公を支え励ます友人役の森崎ウィンと白石隼也が泣けるほど好演。 実話ベースだけど随所にユーモアもあり鑑賞の後味は悪くない。ゴスペラーズの主題歌もGOOD。 pic.twitter.com/2Or6EHCFcS

泣いて泣いて泣きまくりです! トレーラー大泣き映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」の試写室に。 頑張ってる人、支えてる人、寄り添う友達、家族、愛と向き合う心と行動の描写が美しい‼️ #母僕 #ホリプロ #hia #11月16日金 #御法川修 #白石隼也 #小山春朋 #歌川たいじ #ゴスペラーズ #hahaboku pic.twitter.com/trKXEXC8ya

◆『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』(11月16日公開)

麻薬戦争を題材にしたサスペンスアクション『ボーダーライン』の続編。

メキシコからのテロリスト流入に危機感を抱くアメリカ政府から、密入国ビジネスを仕切るカルテルを混乱に陥れる命を受けたCIA捜査官マットは、暗殺者アレハンドロに協力を要請する。

『暗黒街』などのステファノ・ソッリマが監督を務める。前作に引き続いて『エスコバル 楽園の掟』などのベニチオ・デル・トロ、『ミルク』などのジョシュ・ブローリンが出演。

『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ」、試写で見せてもらったけど、前作が100点だとしたら、今作は150点!! そして、試写の前の週にはデッドプール2を見てたので、 善いジョシュ・ブローリンとヤバいジョシュ・ブローリンを立て続けに見るという幸せな週でした。 twitter.com/borderline_jp/…

『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』試写。前作を忠実に踏襲しているぶん、脚本テイラー・シェリダンの世界観が際立つ。語られるのはアレハンドロが背負う業と父子の物語。不法移民を商品=家畜として密入国させる死のキャトル・ドライブは、現代アメリカが行き着いた闇の西部劇にほかならない。 pic.twitter.com/FgxBINqwEf

◆『A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー』(11月17日公開)

事故死した男が幽霊になって残された妻を見守る姿を描いたファンタジー。

1 2