1. まとめトップ

布団と腰痛の因果関係とは? 布団を変えて、カラダメンテナンスしよう

「寝起きに腰が痛い!」その最大の原因は、布団にあります!実は布団と腰痛には非常に深い因果関係があるのです!ここでは布団と腰痛の関係性について、腰痛におすすめなマットレスの選び方についてご紹介いたします!

更新日: 2018年11月10日

2 お気に入り 3505 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

KIOSKYさん

◆◇◆そもそも腰痛の原因って何?◆◇◆

■腰痛の原因は、大きく分けて3つ

1.腰の筋肉への負担が原因の腰痛

骨盤や背骨のゆがみ、ストレスなどから起こるの筋肉の緊張やねじれが原因の腰痛です。

妊娠・出産で骨盤のゆがみや、体重増加で腰への負担が原因の腰痛もあります。

2.急な衝撃が原因の急性腰痛(捻挫)

腰に瞬間的な痛みが走り起こる腰痛で、いわゆるぎっくり腰もこの一種です。

そもそも体が疲れていたり疲労が蓄積していたりすると、一瞬の刺激で痛みが発生しやすいです。

くしゃみや、急に前かがみや、体をひねった瞬間に腰痛になります。

日頃からの疲労や疲れの蓄積をしないことが大事になります。

3.身体バランスの乱れが原因の腰痛

腰の筋肉への負担が原因の腰痛と似ていますが、身体の左右のバランスが悪く、特定の筋肉に負担が掛かり、腰痛へと変化する場合があります。

足を組む癖があったり、重い鞄をいつも同じ方向で持ったり、作業中に同じ側ばかりに重いものを吊り下げていたりすると腰痛の原因となる場合があります。

■つらい腰痛の原因はコレかも!?

最近は、高齢者だけでなく、若い世代や女性にも増え、国民病ともいわれている腰痛。

アンケートでも3割以上の方が腰痛で悩んでいると答える結果がでています。

ずっと同じ姿勢を続けている、姿勢が悪い、筋力がないなど、腰痛の原因はさまざまですが、もしかしたら「敷き寝具」によるものかもしれません。

◆◇◆寝具を替えて腰の痛みを軽減しよう◆◇◆

■腰痛を軽減するには「自然な寝姿勢」を保つこと

自然な寝姿勢というのは「立った姿勢が横になったときも保たれている状態」。

柔らかすぎる敷き寝具は身体が沈みこむため、身体の中で最も重い腰の部分だけが沈んでしまいます。

逆に硬すぎる敷き寝具は、腰や肩に体圧が集中するため、しびれや痛みを引き起こします。

自然な寝姿勢を保つためには、「体圧分散」と「寝姿勢保持」が大切となります。

■柔らかすぎず硬すぎないものを選ぼう

体圧分散とは、身体の凹凸を優しく受け止めるクッションのようなもの。

寝姿勢保持とは、重たい腰の部分だけが沈まずに、背骨をまっすぐに支えてくれるしっかりした部分のこと。

敷き寝具を選ぶ際は、この2つが備わっていることが重要です。

現在の敷き寝具が硬い場合は、身体に当たる部分にクッション性のあるオーバーレイや敷きパッドなどをプラスしてみましょう。

柔らかすぎる寝具であれば、土台にしっかりとした寝具をプラスするのがおすすめです。

また、敷き寝具は一年中私たちの身体を支えている重要なもの。

数ある寝具のなかでも寿命は短めです。みなさんの寝具は何年目でしょうか?

ふとんの使用年数についてのアンケートでは、5~10年の方が27.8%、10年以上の方が19.6%と、長期間同じ寝具を使用している方が半数近くいることがわかりました。

敷き寝具は毎日使うものなので、5年使用したら、ヘタリや汚れのチェックなど、メンテナンスを行ってください。

◆◇◆腰痛のおすすめのマットレス◆◇◆

■ムアツ

一つ一つのタマゴの点の山は、最大沈み込み量はおよそ25mmになるように設計されました。それ以上であると沈み込み過ぎ、体に負担がかかり、寝返りがしづらくなるからです。また、連続したタマゴ型フォルムが、受け止めた体圧を水平・放射状にバランスよく分散させます。 ムアツの点が移動することなく身体を支えるため、寝返りをうちやすくしています。

ムアツふとんの最大の特長は、点で支えるということ。 寝ている人間が圧を感じるのは下からの反発力。その反発力の面積の大きさで寝心地感が変わってきます。あまりにも反発力が大きい場合には突き上げを感じたりします。ムアツは点で支えることによって、その面積を極力減らしました。また、身体が圧を感じにくくするため、凹凸の間隔を55mmにしています。快適な寝姿勢を支える、柔らかさと支え感(かたさ)のバランスを重視して作られました。

実はムアツふとんは発売開始から既に40年以上も経っているロングセラー商品なんです。

開発当初は、床ずれ防止用して病院向けに開発された商品だったそうですが、今では全国医師協同組合連合会推薦を受け多くの医療機関に導入されており、シリーズ累計販売台数驚きの400万台以上。

そのような経緯からムアツふとんは、健康な方はもちろんですが、下記のような症状をお持ちの方にもおすすめの商品となっています。

■腰痛や肩こりでお悩みの方
■疲労気味の方
■お年寄りや療養中の方
■寝苦しく感じている方
■目覚めがすっきりしない方 など

結論から言うと、ムアツ布団が腰痛に効くのかという点については

全く問題無いです。

正直、さすが元祖体圧分散マットレスという感じですよね。

何より、30年以上の実績がある事からも

その効果というのは何となくわかるんじゃないでしょうか。

実際、私も使ってみたところ、

驚く事に身体に本当に力が入らないんですよね。

これは力が抜けているという事では無く、

ムアツ布団の多くの突起部分が綺麗に身体を支えてくれているので

完全に身体を布団に任せてしまう事が出来るのです。

■西川エアーSI

有名アスリートとのタイアップで有名な西川エアーSI。

凹凸でで体を支える体圧分散性能とアスリートらしいスタイリッシュなデザインです。

[エアーSI]マットレスは、日々のセルフケアのために開発された特殊立体クロススリット構造マットレス。

横向き、仰向け、どちらの寝姿勢でも肉体をバランスよく支える快適な睡眠環境を実現。

明日の活力を求める人のコンディショニングをサポートします。

★体圧を分散し、身体に良い寝姿勢を

表面にある1860個もの凹凸が体圧を分散。

血行を妨げにくく圧迫感を緩和します。

また、ベース部が身体の沈み込みを調整し、ムリのない快適な寝心地を実現します。

3×3個の点による凹凸構造の独立したブロックが、それぞれ独立して身体を保持。

クッション性を高め、よりしっかりとボディラインにフィットします。

寝返りもスムーズで横向き寝にも対応します。

1 2