1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

本業超えてる…今期ドラマのお笑い芸人の演技がすごい!

「大恋愛」のサンドウィッチマン富澤さんの演技がすげえ…とネットで話題になっています!しかし他にも今期ドラマではお笑い芸人さんが大活躍しています。尼神インターの二人,ココリコ田中直樹さん,そして日本中を泣かせたイモトアヤコさんも!驚きながらまとめてみました。

更新日: 2018年11月10日

13 お気に入り 52018 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

多彩過ぎる…ついつい見惚れてしまうシーンの数々。

critical_phyさん

地味にいい味出している…「大恋愛」のサンドウィッチマン富澤さんに注目!

戸田恵梨香主演の連続ドラマ「金曜ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』」(TBS系)に、サンドウィッチマン富澤が出演。

富澤さんの演技力が評価されているのは間違いありません。『大恋愛』で富澤さんは、真司が働く引っ越し会社の先輩で、真司のよき相談相手です。そして予言めいた事も言う、頼りがいがありながら、おかし味のある役柄を演じています。

ストーリーはシンプルながら、病気だったり複雑な部分もあるので、ドラマの雰囲気を壊さないよう、なるべくNG出さないように頑張ってセリフを覚えます。先輩役はネタでもあまりやらないので、今はどうやろうか悩んでいますし、少し怯えてもいます。頑張ります!

本人はこのようにコメント。

ドラマ大恋愛に出てる、サンドウィッチマンの富澤さんが、カッコいい‼️コントで慣れてるから、演技も上手い‼️このドラマ面白い。#ドラマ #大恋愛僕を忘れる君と #大恋愛 #サンドウィッチマン #サンドウィッチマン富澤 #カッコいい instagram.com/p/Bp-9WB0g1lf/…

数少ないシーンで爪痕残した…「僕とシッポと神楽坂」の尼神インターの演技とは?

芸風は基本的に漫才だが、コントも行うこともある。女性コンビであるものの、渚が男役を演じて男女の設定で役に入ることが多いのが特徴。

拠点を大阪から東京に移し、高畑充希さん、土屋太鳳さんとJRAのCMにも出演するなど、一躍人気者となりました。仕事の幅もどんどん広がっています。

『僕とシッポと神楽坂』にレギュラーキャストとして出演することとなった尼神インター・渚。相方の誠子が8月に放送された24時間テレビドラマスペシャル『ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語』で一足先に女優デビューを飾り、話題となりました。

尼神インターのかわいいほう、美人なほうと言われている渚ですから、化粧をして着物を着た姿は美しいと評判です。しかし、10月26日放送の第3話には相方の誠子がゲスト出演。

迫真の演技には視聴者からも「誠子が意外に演技上手かった」「誠子の演技が上手いのにビックリ!!」といったコメントが上がり、「最初気づかず普通に女優さんかと思った ちょっと痩せた?のか綺麗になってる」。

相葉くんの獣医ドラマ、尼神インターの渚さんがいるの自然すぎてめちゃくちゃ好きなのに全然気付かんかった… 演技が上手すぎるし、美しすぎる ほんとに渚さんか…??

安定のクオリティ…「うつヌケ」ではココリコ田中さんの演技が光っている!

『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』(NHK)や『ココリコミラクルタイプ』(フジテレビ)などのコントで強烈な個性あるキャラクターを演じるお笑いコンビ・ココリコの田中直樹。映画『みんなのいえ』(2001年)で「日本アカデミー賞新人俳優賞」を受賞。

コンビでは、日本テレビ『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』、テレビ朝日『いきなり!黄金伝説。』などに出演。

芸人として有名な彼だが、近年では俳優としてもその活躍の場を広げつつある。その契機の一端となったのが、「ガキの使い」で行われたドッキリ企画である。

漫画家・田中圭一が、自分を含めうつ病から抜け出した人々の実体験を描いた人気コミックを、田中直樹(ココリコ)主演で実写ドラマ化した「うつヌケ」が、9月29日(土)よりHuluで独占配信。

ドラマ版では、サラリーマン、専業主婦、フリーターなど様々なバックグラウンドを持つ人物の「うつヌケ」成功体験を1話完結型で再現する。

田中直樹さんはキャラクターとしての田中圭一くんと雰囲気が近いんで、すごくいい感じに映像化してもらったなと感じました。原作の、芝生の上にこたつがあって……という雰囲気も再現されていて。

原作者も太鼓判を押す出来です!

田中直樹、来てるね。 ココリコ田中じゃなく、田中直樹として。 NHKのLIFEでの生き生きした演技が好きだけど、俳優としても期待大。 #田中直樹

まさかのアドリブ?「下町ロケット」イモトアヤコさんの名演がネットをざわつかせた!

極太眉毛とセーラー服やジャージという出で立ちがトレードマークの女性タレント。その風貌とは打って変わり、並の女性芸人を凌駕する体当たり芸、たぐいまれなる行動力と根性を持ち合わせ、「世界の果てまでイッテQ !」では世界中の珍獣をレポート。

2003年、鳥取県立米子西高等学校3年生の時に学校祭のミスコンテストでグランプリとなり、同時に劇の主演女優賞、エンターテイナー賞など数々の賞を受賞する。この時は氣志團の物真似などを演じて、同性の支持を集めた。

1 2