1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

紀平梨花の衝撃、宇野昌磨の笑撃…2つのNHK杯初優勝に注目

フィギュアスケート・NHK杯で初優勝した #宇野昌磨 (うの しょうま)選手と #紀平梨花 (きひら りか)選手。宇野くんらしい表彰台や紀平さんの圧巻のトリプルアクセルなど注目を集める大会となりました。

更新日: 2018年11月11日

11 お気に入り 50318 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

カワイイ宇野くんと、カッコイイ紀平さんに注目が集まりました。

nyokikeさん

▼NHK杯男子、宇野昌磨選手が初優勝を果たした

男子ショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=がフリーに挑み、SPで転倒した4回転トウループなどを成功させ、183.96(技術点94.18、演技構成点89.78)で合計276.45点でNHK杯初優勝し、4季連続のGPファイナル(12月、カナダ・バンクーバー)出場を決めた。

4回転サルコーは回転不足となったが、4回転フリップ、4回転トーループは成功。

トーループの4—2回転で手をついてコンビネーションにできず、3回転サルコーでもバランスを崩して3回転トーループを付けられなかった。

GPは通算5勝目となり、「どの試合よりも温かい声援の中で滑れて自分の力になった」と笑みを浮かべた。

2位は合計254・28点のセルゲイ・ボロノフ(ロシア)、3位には合計224・71点のマッテオ・リッツォ(イタリア)が入った。日本勢は山本草太(中京大)が合計213・40点で6位、佐藤洸彬(南部美人)が合計185・18点で10位だった。

▼自己ベストに及ばずも、手応えを口にする宇野昌磨選手

同大会初出場で初優勝を決めた宇野は「どのGPよりも凄くて、温かい声援だった。自分の力になった」と日本の観客に感謝。

フリーの演技を振り返り「後半失速してしまった」と苦笑いを浮かべたが、「気持ちでは負けていなかったと思う」と誇った。

自己ベストの277・25点にはわずかに及ばなかったが、「後味は割と悪くない」と振り返った。

▼圧巻の演技で表彰台にあがった宇野昌磨選手…なにやら和むシーンとなったようです

宇野くん今日はちゃんとのぼれる表彰台の高さでよかったけど2位とあまり差がなさすぎてまだヴォロノフさんのが背が高いというww pic.twitter.com/f9gkk3FjrU

この宇野くん、近所の可愛がってくれるお兄ちゃん2人に色んなもの買って貰った宇野昌磨くん(5) にしかみえん...かわ..... pic.twitter.com/JQduXubws4

こんな微笑ましい表彰式、他にないで…… 宇野くんは珍しくずっと笑顔が耐えないし、一挙一動に会場中が温かくなるし、ヴォロノフさんは着物美女を一人ずつ見送るし、荒川静香さんの登場にテンション上がるし、

ボロノフさん、他の選手讃えたり、荒川さんが出てきたらいち早く拍手したり、なんて素敵な人なんや。こんなん好きなるわ! オリーブ冠ですごい会場どよめいてたり、なんか微笑ましい表彰式だった! それと宇野くん何回もトロフィー置くな(笑)最後ボロノフさんのツッコミまでもう楽しすぎたー。

宇野くんのめんこいさは、彼1人だと成り立たない。容姿や仕草以上に、周りとのわちゃわちゃした、なごなごした雰囲気ゆえ、成り立っていることに気づく。 宇野くんだけじゃなく、周囲もにこにこして(冗談すら言い合える)いるからこそ、リラックスして自然に笑えるんだよなぁ。

▼NHK杯女子、紀平梨花選手がGP初出場初優勝を果たした

女子フリーが行われ、GPデビュー戦でSP5位の紀平梨花(16)=関大KFSC=は、SPで転倒したトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を2度組み込む構成を完ぺきに遂行し、フリーで今季世界2位となる154・72点をマーク。

フリー「ビューティフルストーム」にのり、冒頭のトリプルアクセル−3回転トーループを軽やかに成功。続く単発のトリプルアクセルも決めると、一気に波に乗った。観衆を虜にした4分間を終えると、思わず両腕でガッツポーズ。

「ガッツポーズせずにはいられなかった。自分のほぼ最高の演技。まだ信じられない」と、得点を見て、目を丸くした。

1 2 3