1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

あなたは対策大丈夫?電子遺品の業者の進出が昨今活発です

死後の不安は色々あるものですが、最近話題になっているのがデジタル遺品です。パスワードや見られたくない情報などをうまく処理するために重要なもので、専門の業者が多数出来ています。しっかりとデメリットとメリットを考えて正しく利用しましょう。

更新日: 2018年11月11日

2 お気に入り 1028 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

死後の心配は色々だ

自分が死んだ後の葬儀や納骨をどうするか。
生きているうちに決めておく「生前契約」への関心が高まっています。

後の処理が大変です。本人以外は、自分の事を知らないからです。

終活に関しては、(突発事故が起こらない限り)大体できるだろうと考えておりますが、私が意図したことをきちんと残された家族ができるかどうかが不安です。

電子遺品とは?

最近「デジタル遺品」という言葉を耳にするようになりました。文字通りパソコン、スマートフォンなどデジタル機器に残された情報(遺品)を意味します。

デジタル遺品とは、パソコン・スマートフォンのデータ、SNSのアカウント、電子口座などのことです。

様々なものがデジタル化されている近年において、遺族が整理することになる遺品は「目に見える物」だけではありません。
多くの人が活用しているパソコン・スマホといったデジタル機器や、クラウドサービスなどを通じてインターネット上に保存した写真などのデータは、持ち主が亡くなると「カタチのない遺品」となり、従来の遺品と同様、残された遺族が管理・整理することになります。

一寸、いやいや激しいエッチな画像だってあるかもしれません。見つかれば黒歴史確実です。

家族と仲良くしているとき、ふと「あーいまは自分のこと好きでいてくれているけれど、僕が死んだあとにアレとかアレとかが見つかっちゃったら見る目が変わってしまうんだろうなー」という思いがよぎるのは嫌じゃないですか。

遺書やパワハラの証拠まで残る事があるようです。

またある人は、自殺した兄が、職場でパワハラを受けていたのではないかと疑い、証拠として提出できる事実が残っていないかと、兄の携帯を持ち込んだ。パワハラの場合、例えば残業のGPS情報を取り出せば、会社にいる時間がわかる。そのデータから、サービス残業がどれくらいあったか割り出せないかと考えたのだ。

便利な世の中になったものです。

ドラマ化も…最近動きが活発です。

スマートフォンやパソコンなどに保存しているメッセージやアドレス帳に登録された個人情報、写真や動画、SNSやネットバンク、クレジット情報、金融取引情報など、デジタルデータには様々なものがあります。このデータを生前整理しようという“デジタル終活”の実施率は4%でした。成人男女のほとんどの人がデジタル機器を所有する現代ですが、実施率はまだ高いとは言えない状況です。

実施者は少ないですが、業者は増えつつあるようです。

適切な扱い方がわからないため、ハードディスクのデータを消去しないまま売却したり、パスワードがわからないからそのままリサイクルショップに引き取ってもらったり、誰も使わないからゴミと一緒にDVDレコーダーを廃棄処分したなどの方法で遺品整理を終えた後、後日、遺族のもとへ思いもよらぬトラブルが飛び込んでくるなど、比較的高いリスクを持っているのが「デジタル遺品」でもあるのです。

正しく処理する必要があります。

ハードディスクを水没させるなんて荒業をする猛者もいます。

業者とのトラブルや、利用しない問題も理解しよう

客から依頼を受けるときは、どのデータが欲しいかを確認し、それが取り出せたときの成果報酬になるそうだが、1件当たりだいたい30万円程度かかるという。見積もりを出した後に、「高くても3〜5万円くらいだろう」と持ち込んだ客は、そのまま依頼を取り下げてしまうことも多いという。

業者を吟味せず依頼することだ。データを取り出す技術は千差万別で、下手なところだとたった9枚しか見つからなかった写真データが、デジタルデータソリューションに持ち込んだところ、約2000枚見つかったという事例もあったという。

故人が月額制の定額料金サービスを利用していた場合、本人がなくなった時点でサービスの運営会社にその旨を伝え、サービスを退会しなくてはなりません。しかし、故人の家族がサービスに登録していることを知らなければ、手続きをすることは不可能です。登録者がなくなったことがサービスの運営元に知らされず、また、家族もそのようなサービスが存在することに気が付かないまま、延々と使用料金が登録口座から引き落とされていくことになります。

様々な声が

遺品整理士さんっているんだね デジタル遺品とかいかにも今っぽいよね 僕もこういう方にパスワードとか伝えといてややこしい写真は全部消してもらうようにお願いしないと #遺品整理士 #デジタル遺品

1 2