1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

橋本環奈に白石聖…ジャンプ漫画実写映画出演=大ブレイクの法則!

「I’’s」実写版のヒロインに白石聖さんが大抜擢…ネットがざわついています!実はジャンプ漫画実写映画に出演した女優さんはほぼ間違いなく大ブレイクしています。橋本環奈さん,土屋太鳳さん,そして小松菜奈さんも!気になる情報についてまとめてみました。

更新日: 2018年11月12日

7 お気に入り 27818 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

これはもはや鉄板と言えるのではないでしょうか。ブレイク前の人を探すのも楽しいかも?

critical_phyさん

伝説のラブコメ「I''s」が実写化…誰もが気になる伊織ちゃんのキャストとは?

スカパー!は、かつて「週刊少年ジャンプ」で連載され、伝説的な人気を博した桂正和氏原作の漫画「I”s(アイズ)」の実写ドラマ化を決定。連続ドラマ「I”s」として BS スカパー!・スカパー! オンデマンドで、2018年12月21日(金)21時より放送・配信を開始します。

ヒロイン・葦月伊織役を、女優の白石聖が務めることが明らかになった。桂も参加したオーディションで、約700人の応募者のなかから抜てきされた。

白石は「伊織という、素晴らしいキャラクターを演じさせていただけたことをとてもありがたく思います」と喜びを語り、「漫画史に残る桂先生の作品でヒロインを務めることの責任感は、1年前の撮影からこの日まで、忘れたことがありませんでした」。

アイズの伊織ちゃん役が決まったんだ。あんな若くてかわいい女優さんがあんなことやこんなこともしちゃうのか…

ご存知ですか…橋本環奈さんが「暗殺教室」で名演を見せていた!

11月3日、女優の橋本環奈が東京・豊島区にある立教大学の学園祭で行う予定だった屋外イベントが、急きょ中止になった。整理券を配布しようとしたところ、一挙に人が押し寄せパニック状態となり、ケガ人まで出る事態に至った。

今クール放送で主演のドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)は、前評判はそれほどよくなかったが、視聴率二ケタに届く勢いを見せており、SNSでも話題になっています。

映画『銀魂』などでも、NGなしの頑張りも高く評価されていましたが、4日放送の『今日から俺は!!』では意中の相手の2股疑惑が浮上したことにショックを受け、約45秒もの間、白目を向ける強烈な変顔を披露。

1年後に地球を破壊すると予告した謎の超生物、通称・殺せんせー(ころせんせー)の暗殺任務を秘密裏に国から託された椚ヶ丘中学校3年E組の生徒たちが、世界を救うために戸惑いながらも、あの手この手で暗殺を試みる姿が描かれる。

原作の中でも超人気キャラの「律」こと「自律思考固定砲台」(攻撃ロボット)役を演じている。最新の軍事技術を集めて作られた自己進化する人工知能を搭載し、黒い筐体の前面に設置されたモニターに美少女の姿が現れる。

「演じるのは完璧さと可愛らしさを併せ持つ奇跡的な存在感を持つ人でなくてはいけませんでした。実際お会いした橋本環奈さんのオーラは想像以上で撮影を通じ、律というキャラクターに生命が吹き込まれていくのを感じ、身震いしました」

プロデューサーはこのようにコメント。

橋本環奈も暗殺教室の律を演じてた時は「可愛いけど、雰囲気違うし演技力が…」とか思ってたけど、成長したねぇ。今じゃ福田組に欠かせない存在。

これは必見…「るろうに剣心」で見せた土屋太鳳さんのアクションは圧巻の一言!

TVドラマ「鈴木先生」(11)で注目を集め、同作の劇場版(12)にも出演。NHK連続テレビ小説「おひさま」(11)、「花子とアン」(14)に出演し、「まれ」(15)でヒロイン役を射止めた。

土屋太鳳は、日本女子体育大学体育学部運動科学科舞踊学専攻に在籍する体育会系女優であることも有名。

“運動神経抜群でストイック”という印象が強い土屋。2016年『オールスター感謝祭2016秋』の「赤坂5丁目ミニマラソン」では、すべてを出し切る “全力疾走”を見せ、スタジオとお茶の間に感動の涙をもたらした。

御庭番衆の血を引く少女で、伊勢谷友介演じる四乃森蒼紫に思いを寄せている。土屋は、トレードマークのロングヘアから一変、ショートヘア姿で撮影に臨み、明るく溌剌(はつらつ)としたキャラクターで大きくイメージを変えた。

撮影時に取り組んだアクション練習の動画を公開。驚異的な身体能力に、ファンから「すごすぎる!!!!!」「カッコイイ」など驚愕と絶賛の声が相次いだ。

るろ剣は宗ちゃんと操が好きなんですが、映画るろうに剣心で操を見たときめっちゃ演技うまいなこの子〜とから呑気に思ってたんだけど後から演じてたのが土屋太鳳と知ってすごくびっくりした。

惹き込まれるぞ…小松菜奈さんが「バクマン」でみんなを魅了した!

14年、中島監督作「渇き。」で主演役所広司の娘役に抜てきされ、長編映画デビューを飾り、第38回日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞。

16年、『溺れるナイフ』で映画初主演、そしてマーティン・スコセッシ監督の映画『沈黙 -サイレンス-』でハリウッド・デビューを果たす。

1 2