1. まとめトップ

【映画】ボヘミアン・ラプソディー実在の人物とキャスト比較

伝説のバンドQueenのミュージカル伝記映画実在の人物とキャストがどのくらい似てるのか調べてみました

更新日: 2018年11月13日

14 お気に入り 160752 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kmtejさん

世界的人気ロックバンド「クイーン」のボーカルで、1991年に45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーを描いた伝記ドラマ。クイーンの現メンバーであるブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮を手がけ、劇中の楽曲には主にフレディ自身の歌声を使用。「ボヘミアン・ラプソディ」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」といった名曲誕生の瞬間や、20世紀最大のチャリティコンサート「ライブ・エイド」での圧巻のパフォーマンスといった音楽史に残る伝説の数々を再現するとともに、華やかな活躍の裏にあった知られざるストーリーを描き出していく。

フレディ・マーキュリー

ブライアン・メイ

ロジャー・テイラー

ジョン・ディーコン

✨⚜ #クイーン伝説 ✨ クイーンは78年以降、マネージメント会社との契約を打ち切り、自らマネージメントを行うようになったが、ビジネス面を担当したのはジョン・ディーコンで、毎月5時間以上もの会計報告を受けては他メンバーに要点を説明していたらしい #ボヘミアンラプソディ #ベースの日 pic.twitter.com/hQnI7any75

本人

メアリー・オースティン

1970年代初期から、メイの紹介によって知り合ったメアリー・オースティンと交際、1970年代中頃までウェスト・ケンジントンで共に生活するも、マーキュリーがエレクトラ・レコードの重役のアメリカ人と浮気したため破局。その後も二人は友人としての付き合いを続けた。

ジム・ハットン

1984年より、ジム・ハットンと交際を始め、それ以後、死に至るまで約7年の間付き合う。ハットンはその穏やかな性格と純粋な人柄でマーキュリーを温かく見守り、死を迎える最期まで看病に奔走し、付き添った。そのためハットンは、マーキュリーの最後で最高の恋人だったと語られることも多い。ハットンは、マーキュリーによると思われる自身のHIV感染を、本人に知られぬよう最後まで口外しなかった。ハットンは2010年1月1日に死去。

Jer Bulsara (フレディ・マーキュリーの母親)

Now that the film is up and running I can share my 4 hour physical transformation into Jer Bulsara... Freddie's Mum. Kudos to the team led by #JanSewell - #FreddieMercury #Queen @QueenWillRock @iamramimalek #BohemianRhapsody @BoRhapMovie pic.twitter.com/aQ1Of0qwA8

キャスト Meneka Das

Bomi Bulsara(フレディ・マーキュリーの父親)

#FotoHistórica | Freddie Mercury con sus padres Bomi y Jer Bulsara en 1977. pic.twitter.com/ILUFIPs7zw

本人 (左は母親のJer Bulsara)

1 2