1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

KimifusaAbeさん

【カルパティア山脈のブナ原生林】

カルパティア山脈とヨーロッパ各地の古代及び原生ブナ林(カルパティアさんみゃくとヨーロッパかくちのこだいおよびげんせいブナりん)は、ヨーロッパ12か国にまたがるユネスコの世界遺産(自然遺産)登録物件である。登録名は単なる「ブナ林」だが、日本のブナ林とは異なり、ヨーロッパブナの森林を対象とする。当初、東カルパティア山脈に残るヨーロッパブナの原生林が、ヨーロッパに残る同種の森林の中でも樹齢、種類の多様さ、木々の大きさ、範囲の広さなどの点で突出した価値を持つとして、世界遺産に登録された。

【ヴァルカモニカの岩絵群】

ヴァルカモニカの岩絵群(-いわえぐん)は、イタリア北部のアルプスの山麓にある世界遺産登録物件。イタリア初の世界遺産登録を果たしたものである。

【ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂】

ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂(ローマれきしちく、きょうこうりょうとサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラだいせいどう)は、イタリアのローマおよびバチカンにあるユネスコの世界遺産の登録物件。登録は1980年で、ヴェネツィア広場を中心としたエリアが登録されている。1990年には、アウグストゥスの霊廟、ハドリアヌス帝の霊廟などが拡張登録されている。また、同じく世界遺産に登録されている「バチカン市国」とも隣接し、こちらと一体となった保全活動が実施されている。

【レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とドメニコ会修道院】

ドメニコ会修道院の回廊を、当時の修道士たちが歩いて、そしてどんな会話をしていたのか、と想像するのが旅で一番楽しい時間だった…。物理的な旅は時間の旅でもある。 pic.twitter.com/VEfRWr3oMp

☆最後の晩餐☆ レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とドメニコ会修道院! チケット完全予約制で壁画の損傷予防の為に鑑賞時間は入場から15分:(´◦ω◦`): 日本語ガイドを聞きながら生の壁画を鑑賞出来た貴重な時間でしたd('∀'*) #セフィ旅 pic.twitter.com/EPaMCG4m4M

そして、サンタマリア デッレ グラツィエ教会。 そうです。 レオナルド ダ ビンチの描いた最後の晩餐のある教会です。 pic.twitter.com/40NmP252U9

【フィレンツェ歴史地区】

1 2 3 4 5