1. まとめトップ

【結婚準備】結婚するのにかかるお金のハナシ

結構かかるな、、というのが印象。。

更新日: 2018年11月13日

5 お気に入り 4019 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

お金がすべてではないけれどあったら便利、心強い、気持ちに余裕が出るはず。2人でどこまでお金をかけるか話し合えたらいいですね。

nakano0987さん

結婚資金はいくらかかる?

時系列に沿って紹介していきます。

結婚が決まったら、気になるのがお金の話。中でも、結婚式や披露宴をどうするかというのが一番の考えどころかもしれません。全く何もしなくても結婚はできますし、するとなったら大きなお金が動きます。

結婚式をしないのも選択肢の1つではありますが、今回はマックスでどのくらい考えておけばいいのか?を考えていきます。

(1)結婚が決まった! 婚約関連の費用:約160万

婚約指輪や結納品、結納会場料金など

(2)結婚式準備~当日にかかる費用:約355万

ドレス代、会場費、参列者のお車代など

(3)結婚式後にかかる費用:約72万

ハネムーン代やお土産代

(4)新生活準備:約80万円

・家賃
賃貸の場合、「初期費用+初月の家賃」で最初に用意すべきは「家賃の5か月分」です。

例)
東京23区内1LDKは家賃13~15万円
15万×5=75万

・家具家電
どちらかが既に一人暮らしをしている場合は取り急ぎそれを使いつつ
少しづつ買い替えていくのがいいでしょう。
すべて買いそろえるとなると20万円程度は見ておいたほうがいいです。

・引っ越し代金
それほど荷物が多くない場合や近い場合は、業者を利用するよりは車で自分たちで運んだほうが安いです。友人や家族にお手伝いをお願いする場合は何かしらのお礼(ご飯のごちそうなど)をしましょう。

上記(1)~(4)合計で 667万! 引っ越しを抜いても587万!

ご祝儀の総額は平均で230万!

「ゼクシィ結婚トレンド調査2017」によると、ご祝儀の総額は平均で230万7000円。分布で一番多いのが200~250万円未満で21.6%、続いて300~350万円未満15.3%、250~300万円未満14.5%となっており、200万円以上の割合が高くなっています。平均的な式をすると、200万円強はご祝儀が見込めそうですね。

よって、合計額587万-ご祝儀230万=「357万」が必要経費!  ※引っ越し費用を除いた場合

今は結婚式自体を安くシンプルなものにする
結納を簡素化する などもっとお安くできそうですね。

◇参考リンク

1