1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

意外と多い?実は既にハリウッドデビューしている若手俳優たち

ハリウッドデビューが決まった小栗旬さん。他にもすでにハリウッド大作に出演している若手の俳優さんたち。

更新日: 2018年11月12日

18 お気に入り 37362 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nonu-ruさん

■小栗旬がハリウッド進出??

俳優の小栗旬が、2020年公開の映画で念願のハリウッド進出を果たす。

出演するのは、ワーナー・ブラザースとレジェンダリー・ピクチャーズが製作する「ゴジラVSコング(仮)」で、重要な役どころに挑むという。

レジェンダリーと監督のアダム・ウィンガードは、三池崇史監督の『クローズZERO』『クローズZERO II』で初めて見て、『銀魂』での小栗旬の仕事を高く評価している。

■意外と多いこの若さで既にハリウッドデビューしている若手俳優

芦田愛菜:『パシフィック・リム』

芦田愛菜は鬼才ギレルモ・デル・トロが日本のロボットアニメや特撮番組にオマージュを捧げた、SF超大作『パシフィック・リム』でハリウッドデビューを果たした。

この作品で愛菜ちゃんは、イェーガーのパイロットを務める日本人女性・マコ(菊地凛子)の幼少期を演じている。

ギレルモ・デル・トロ監督が、彼の名前を英語でうまく発音できない愛菜ちゃんに対し、自分を「トトロ」と呼んでもいいよといい、愛菜ちゃんはデル・トロ監督の事を「トトロさん」と呼んでいた。

これがファンがデルトロ監督に「あんたこの子に何したらこんな泣くんだ!一体何をしたんだ!!」と言うほどだった芦田愛菜ちゃんの演技力! pic.twitter.com/92o8IMUYCM

池松壮亮:『ラストサムライ』

池松壮亮は2003年、トム・クルーズが主演したハリウッド映画『ラスト サムライ』で映画初出演を飾った。

池松は、戦場で主人公(トム・クルーズ)に父を殺されるが、一緒に生活をしていくうちに次第に心を通わしていく侍の少年・飛源を演じた。

2016年、来日の際に池松と再会し、大人になって活躍する池松の姿にトムも「会えて本当に嬉しいよ!でも驚かないよ、あの当時から素晴らしい演技をしていたからね」と興奮を隠しきれぬ様子だった。

13年ぶりの再会に笑顔で握手をした池松壮亮とトム・クルーズ。『ラストサムライ』出演時の池松壮亮の演技力を絶賛し、今の活躍についても誇りに思うとコメントを残しています。 pic.twitter.com/hXNFb7eXo7

始めてちゃんとラスト・サムライ見た…。泣きすぎて目腫れて開かなくなってるんだけど…まあとにかく池松くんがかわいいことかわいいこと pic.twitter.com/Cv7ijv6hbT

大後寿々花:『SAYURI』

女優の大後寿々花は11歳にして映画『SAYURI』(2005)でハリウッドデビューを果たした。

しかも大後寿々花ちゃんと言えば、大好きなスピルバーグ監督の映画、SAYURIの少女時代を演じたあのコですよ! かぁーっ!

映画『SAYURI』を初めて見たお。最後まで目が離せず面白かったのは大後寿々花ちゃんとチャン・ツィイーのヒロイン力か。。

小松菜奈:『沈黙 -サイレンス-』

小松菜奈は、マーティン・スコセッシ監督が遠藤周作の小説を映画化した『沈黙ーサイレンスー』でハリウッドデビューを果たした。

1 2 3