1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ
11 お気に入り 17485 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼元子役であり、現在は司会もこなす

終活についてテレビで告白

「50歳を前にして初めて生命保険に入りました。税理士や弁護士と半年以上、相談しながら遺言書を作成したんです」

『バイキング』で「今まであるぶん(財産)は行き先が決まってゼロになった、これからの収入は全部競艇にかけてもいい」と力説。

「どんな労力でも払える。個人でもやろうと思っていたことなんで、(お金は)すべて自分でまかなうつもり」「知り合いの不動産屋さんに、最低東京ドーム1個分入る土地はどこかにありませんかとお願いして、すでに何カ所か見て回っている」と語る。

終活準備、徐々にしないとね。 でも、全然進まない。正直何したら、良いか。全くしてないけど、どこまでしたら、終活活動終わりなのかさえわからない?!坂上忍さん、終活活動終えたと言ってたよね。彼は早過ぎと思ったけど大したものだ。年下だから、焦る。このままじゃ、100パーセント、迷惑かける。

▼今や見ない日はないほどテレビに引っ張りだこ

40代にも関わらず、終活は必要だと語った

終活はね、考えた方がいいと思ってる。本当に責任取っとかないといけないと思う。遺体をどうするとか、残った金をどうするのかとか。

続けて「・・・残った金をどうするのかとか。何もしなくて、そのまま国庫に取られても嫌」と残された資産について不安に思っている事を赤裸々に語りました。

マツコは「(親は)自分の次の代のことまで考えるようになる」とし、「よかった。私は残す人もいないし。一代で終わりよ。兄弟もいないし、何も揉めない」と苦笑い。

マツコ 45歳で終活を検討「遺産をそのまま国庫に取られても嫌」 | One World Navi oneworld0422.com/archives/11724 #マツコデラックス ある意味賢い選択かもね‼️

▼替え歌メドレーでお馴染み

1983年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。以降、「小市民」「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。

自身の終活として葬儀のプランを計画

「まず“ワシはもうダメじゃ~”とか言っている僕のVTRを流しますね。それで、僕の亡骸が火葬場に運ばれるときの曲も決まっています。

1 2