1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●「ミュージックステーション」出演見送りとなったBTS

11月9日(金)20:00から放送されるテレビ朝日系「ミュージックステーション」に出演が予定されていたBTS(防弾少年団)が、

番組公式サイトでは「出演者変更について」と題し、「11月2日に予告しましたBTSの11月9日放送回でのご出演を今回は見送らせて頂くことになりました」と発表。

・番組公式サイトでは、出演見送りに至った経緯を説明

明日放送予定だった Mステ、韓国グループ「BTS」の出演見送り 以前着用したTシャツのデザインが波紋呼ぶ - ねとらぼ nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/18… @itm_nlabenta pic.twitter.com/1dEf6wh5rh

テレビ朝日は「以前にメンバーが着用されていたTシャツのデザインが波紋を呼んでいると一部で報道されており、

番組としてその着用の意図をお尋ねするなど、所属レコード会社と協議を進めてまいりましたが、

当社として総合的に判断した結果、残念ながら今回はご出演を見送ることとなりました。ご出演を楽しみにされていた視聴者の皆様に深くお詫び申し上げます」と理由と経緯を説明

●問題になったのは、メンバーが2017年に着用していたTシャツ

【波紋広がる】BTSの「Mステ」出演中止でTシャツのデザイナーが謝罪 news.livedoor.com/article/detail… 「昨日この事実を知ってとても慌てた。反日感情を助長する意図はありませんでしたが、BTSに申し訳ない」と話した。 pic.twitter.com/Op9fNcaer3

日本で「原爆Tシャツ」と呼ばれているのは、BTSのメンバー・ジミンが2017年に着用していた原爆のきのこ雲と万歳する韓国国民の姿がプリントされたTシャツのこと

Tシャツには「愛国心」「私たちの歴史」「解放」「韓国」を意味する英語もプリントされている。

●その後、該当Tシャツを手掛けたデザイナーが謝罪

原爆Tシャツを着用し波紋を広げ、結局「ミュージックステーション」出演取りやめに発展した騒動で、該当Tシャツを手掛けたデザイナーが謝罪

LJカンパニーのイ・グァンジェ代表は、韓国メディアの取材に応じ「反日感情と日本に対する報復などの意図があるわけではなかった」と明かした。

さらに「ブランドを開始した当時は、ストリートファッションがとても流行していた。その時私自身は、

歴史に関心が高く、若者が着るファッションに歴史意識を入れれば少しでも歴史に興味を持ってもらえるのではないのだろうか、と思い制作した」と話したという。

・Tシャツ写真について「日本をばかにするような気持ちはなかった」などとコメント

原爆が投下され、日本が無条件降伏したために、韓国は解放されたという歴史の順序を表現するものだった」と伝えた。

「ミュージックステーション」の出演がキャンセルになったことについてイ・グァンジェ氏は「昨日この事実を知ってとても慌てた。

反日感情を助長する意図はありませんでしたが、BTSに申し訳ない」と話したという。

防弾少年団が原爆のTシャツやブルゾンを着て原爆を称賛してるのならば、それは愚かな行為だと思う…彼らが日本の事を好きor嫌いを発言するのは自由だと思うのですが…原爆を称賛するのは間違ってると思う。そして、そこまで忌み嫌う国で何故ライブをしたいと思うのか?直接話を聞いてみたい… pic.twitter.com/3Mb05fbmiv

BTS問題、Tシャツの趣味が良くないことは自明。あれ見た多くの日本人が怒るのも当然。しかし、それだけ原爆被害に対する思いがあるなら、ICANの取り組みを評価し、核兵器禁止条約に署名するよう現政権に物申し、広島や長崎の原水爆禁止運動を揶揄するようなことはやめて下さい。こちらからは以上です。

●さらに今度は、メンバーがナチス帽子をかぶったことにより炎上

1 2 3