1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「面白いもの作ろうと」‥イッテQ騒動に言及の出川哲郎に称賛の声広がる

一部週刊誌で報じられた「世界の果てまでイッテQ!」ヤラセ疑惑で、タレント・出川哲朗さんが12日、都内で行われたニチガスの新CM発表会に出席し、この騒動について言及しました。

更新日: 2018年11月13日

20 お気に入り 109048 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●一部週刊誌で報じられた「世界の果てまでイッテQ!」ヤラセ疑惑

8日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の“ヤラセ”疑惑を報じた

問題になっているのは、5月20日放送分の「橋祭りinラオス」。実際の放送では、自転車で橋に見立てた全長25メートルの板を渡り、スピードなどを競う祭りだと紹介

「文春オンライン」と『週刊文春』によると、ビエンチャンに赴任する日本人の駐在員やラオス情報文化観光省の担当者がラオスにそのような祭りはないと証言したといい、

テレビ局側が持ち込んだ企画として現地にセットが組まれたと報道。参加者に対して番組から賞金が渡されたとも伝えられていた。

●日本テレビがでっち上げ疑惑に見解を発表

・「現地からの提案を受けて成立したもの」などと説明

日本テレビが8日、同局の人気番組「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後8・00)にでっち上げ疑惑が報じられた件について見解を発表

今回の企画について「現地からの提案を受けて成立したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はなく、

また、番組から参加者に賞金を渡した事実もございません。ラオスの情報文化観光省には、番組の趣旨を十分に説明し、

・さらに一本橋を自転車で渡る催しなど、企画成立への経緯を説明

「現地コーディネート会社からの提案では、水の上の一本橋を自転車で渡る催しは、

東南アジアのテレビ局でも取り上げられるなど各地で人気となっている催しとの事で、番組サイドでも資料映像等を確認した上で、企画決定に至りました」と企画成立への経緯を説明

・一方「橋祭り」のセットを設置したことなどは否定

「コーディネート会社から、ラオスでは村単位で開催されているという説明はあったものの、

今回放送した会場での開催実績を十分に確認しないまま作業を進めてしまいました。結果、この会場で初めての開催であった『橋祭り』を、放送では毎年行われているかのような、誤解を招く表現となりました」と釈明

●そんな中、タレント・出川哲朗さんがニチガスの新CM発表会に出席

・『イッテQ』騒動に言及

『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)にレギュラー出演中の出川は、去り際に報道陣の直撃を受け、騒動について言及

・「熱湯と聞かされて、ぬるい温泉だったりもする」と海外ロケのエピソードを明かす

1 2 3