1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

菅田将暉×永野芽郁『3年A組』も!冬ドラマは「オリジナル脚本」が面白そう

2019年1月期冬ドラマは期待できそうなオリジナル作品が多数。『家売るオンナの逆襲』、『さすらい温泉 遠藤憲一』、『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』、『いだてん~東京オリムピック噺~』、『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー』。

更新日: 2018年12月10日

2 お気に入り 6032 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『家売るオンナの逆襲』(水曜夜10時、日本テレビ)

ついに情報解禁!家売るオンナが連ドラで帰って来ます!天才的不動産屋 三軒家万智が平成最後に大暴れ!課長に庭野に足立…お馴染みメンバーも全員集結!しかも万智と課長はすでに結婚してるとか!?公式ツイッターではドラマの最新情報をいち早くお届けします! 来年1月スタート #家売る #北川景子 pic.twitter.com/I8OZUaIqIR

北川景子が主演する日本テレビ系ドラマ『家売るオンナ』が、来年1月クールで連ドラとして復活することが24日、分かった。『家売るオンナの逆襲』と題し、毎週水曜(22:00~)に放送される。

同ドラマは天才不動産ウーマンの三軒家万智が顧客の事情に首をつっこみながらも問題を解決、華麗に家を売りまくる痛快ストーリー。

脚本は大石静が継続(オリジナル作品)

今回の連ドラでは昨年のSPドラマのラストで三軒家万智が課長の屋代(仲村トオル)にプロポーズするというシーンの後に二人が結婚し、夫婦となっていたことが明らかに。庭野(工藤阿須加)や足立(千葉雄大)らのテーコー不動産のメンバーの現在も描かれる。

◆『さすらい温泉 遠藤憲一』(水曜深夜1時35分、テレビ東京)

2019年1月より、虚実が入り混じった新感覚密着温泉ドキュメンタリードラマ「さすらい温泉 遠藤憲一」(毎週水曜夜1:35-2:05、テレビ東京ほか)を放送する。

「俳優の遠藤憲一が、役者を引退する」という噂を聞きつけたスタッフが真相を確かめに行くと、「中井田健一」と名乗って男仲居として温泉宿で働く遠藤の姿を目撃し、様々な疑問を抱きながら遠藤への密着を続ける、という内容だ。

脚本:田中眞一(「みんな!エスパーだよ!」「怪奇恋愛作戦」「バチスタシリーズ」etc)

オリジナル作品

◆『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(木曜夜10時、フジテレビ)

竹内結子がスキャンダル専門弁護士に、主演ドラマがフジテレビ系で1月スタート(コメントあり) #竹内結子 natalie.mu/eiga/news/3070… pic.twitter.com/47uTakFp6A

竹内結子が、2019年1月10日[木]スタートのドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)で主演を務める。竹内がフジテレビ系連続ドラマで主演を務めるのは、「ストロベリーナイト」(2012年)以来7年ぶりとなる。

本作は、社会的窮地にいるクライアントを99.9%の確率で救ってきた危機管理専門の弁護士・氷見江(ひみ・こう)を主人公とする物語。“危機にある女性の最後の砦”という信念を持った氷見が、スキャンダルによって窮地に陥ったクライアントを救うべく奔走する。

脚本は、「ラヴソング」(2016)、「刑事ゆがみ」(2017)などフジテレビ系ドラマの脚本を多く手掛けてきた倉光泰子。

オリジナル作品

◆『いだてん~東京オリムピック噺~』(日曜夜8時、NHK)

[写真]中村勘九郎と阿部サダヲがW主演!2019年大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」主演発表会見ギャラリー #宮藤官九郎 #中村勘九郎 #阿部サダヲ cinematoday.jp/gallery/E00111… pic.twitter.com/XOymQsWm2l

宮藤官九郎が脚本を担当する2019年のNHK大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺~」。

オリジナル作品

ストックホルムオリンピックに初めて出場したマラソン選手・四三(中村勘九郎)と、東京オリンピックの招致に貢献した田畑政治(阿部サダヲ)の2人の人生をリレー形式で描く同作。

さらに、落語「東京オリムピック噺」を語る古今亭志ん生(ビートたけし/若年期=森山未來)の人生と交差し、3つの物語が展開していく。

◆『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー』(日曜夜10時半、日本テレビ)

菅田将暉と永野芽郁

菅田将暉が、2019年1月スタートの日曜ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)で主演を務め、ヒロインの永野芽郁と共演する。

「クローズZERO」「テルマエ・ロマエ」の武藤将吾が脚本を手がける本作は、卒業を10日後に控える高校3年生29名を人質に取った美術教師・柊一颯の“最後の授業”を描く学園ミステリー。柊を菅田、ある事件をきっかけに心を閉ざした生徒・茅野さくらを永野が演じる。

学生時代に数学教師を目指していたという菅田。その思いを知った福井雄太プロデューサーらの手によって“あて書き”されたオリジナル作となる。

1 2