1. まとめトップ

ビルの屋上で貯水し発電する ~ビル水力のイメージ

きたるべき未来の都市像はこれだ  素晴らしいアイデアのオンパレード

更新日: 2018年11月27日

1 お気に入り 59 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hakuboayumuさん

たとえば外壁のすきまに水を通す管をめぐらす  冷却装置

上にためた水を、
南面の壁の外にパイプを通して下に落とす
見た目にも美しい

いま大量豪雨の時代、だがこの先いつ、大干ばつにならないと誰が言えるか

水はためられるときに、ためておくにこしたことない
使う場所都市にも
水をためる場所を作るのが常識だ

温暖化で環境は激変する

マイクロな発電でもまめに仕掛ければビルの電力は自給できる

大雨が来たら屋上から傘が開く  ビルが傘をさす(上に開いた)

これも視覚的に面白い
シドニーのオペラハウスのような、世界の代表的建築に
数えられるだろう

水を集め、パイプから貯水槽へ

その水を落として下水に使い、発電する   浄化して水道に使う

雨水は下の水のようにまだ汚れていない
簡単な処理で飲める水に変えられる

都市の雨は、路面にとどかしてはダメ  路面までに受け止める

上から来るものは、天然重力エネルギー   利用しよう

人口が同じならこれ位広々している。電車もあまり要らないしビルも空き家だらけか。資源も殆ど無いから新しいものは作れないがあるもので十分余裕はある。電気は風力水力で賄える。電化した江戸時代。

誰のツイートか すこしちがうけど、イメージは共有できる

電化した江戸時代  意外といいかも

なにせ水をためるという 単純な行為がこの先力を発揮する可能性

1