1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

栄養が足りない…!学校給食に「異変」が生じているワケとは

学校給食にて栄養が満たされていないという事態が生じているようです。いったいなぜこのような状況になってしまっているのでしょうか?

更新日: 2018年11月13日

30 お気に入り 164262 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■学校給食

日本の学校給食(にほんのがっこうきゅうしょく)とは、日本の小中学校などで提供される給食。

児童,生徒の心身の健全な発達と国民の食生活の改善をはかるため,学校で集団的に行なわれる給食

実際に食べるという体験を通じて、栄養バランスの取れた食事のあり方を学ぶとともに、みんなで準備や会食をすることによって社会性を養う

■その栄養価は国によって定められている

学校給食は、栄養バランスがとれた食事できるように工夫されており、成長期にある児童生徒の健康の保持増進と体位の向上に大きな大きな役割を果たしています

学校給食に供する食物の栄養内容は、第一号表に掲げる児童又は生徒一人一回当りの平均所要栄養量の基準による。

基準は児童生徒の1人1回当たりの全国的な平均値を示したものであるから、適用に当たっては、個々の児童生徒の健康状態及び生活活動の実態並びに地域の実情等に十分配慮し、弾力的に適用

■しかし!その栄養素が足りてない自治体があるという

仙台市の学校給食が、カロリーや鉄分などの栄養量で、市が決めた基準を満たしていないことが分かりました。

栄養量の不足は、2018年6月、仙台市教育委員会が行った給食の「栄養充足率」の調査で判明した。

■鉄の充足率が最も低かったという

仙台市の学校給食が、カロリーや鉄分など複数の項目で、栄養量の摂取基準を満たしていないことがわかりました

小中学校とも「鉄」の充足率が70%と最も低く、「食物繊維」は小学校で80%、中学校で78%にとどまった。

一食あたりに必要な主な栄養素10項目のうち、小学校は6項目、中学校はすべての項目で充足率の基準を満たしていませんでした

■その理由は「食材費の高騰」だった

食材の値上がりなどが影響しているということで、仙台市は給食費の値上げも検討しています。

台風や大雨などの自然災害で、野菜や果物の価格が高騰しているほか、近年の物価の上昇で、加工品も含めた食材が値上がりしていることが原因

特に今年は上昇幅が大きく、給食費の範囲内での食材調達が難しいという。豚肉料理を鶏肉で代用するなど工夫を重ねるが、栄養量の充足は改善していない。

牛肉は使わない。魚はサケよりもサバを使う。野菜も地産地消の取り組みで可能な限り恵庭産や道産を使う方針だが、道外産品の割合が増えてきている。

学校給食における地場産物を使用する割合(平成27年度までに30%以上)及び国産の食材を使用する割合(平成27年度までに80%以上)

このような指針があるので安い外国産の食材を仕入れることができません。

食材を工夫することで対応してきたが、そろそろ限界が来ている。今後も継続して、安全でおいしい給食を子どもたちに提供していくために、給食費の改定が必要

■いったいどうなるのか…

1 2