1. まとめトップ

乾燥が肌に及ぼす影響!角質肥厚って一体?

突然ですが、「角質肥厚」という症状を知っていますか? まとめ記事ではどういった症状なのか、原因と対策法をご紹介します。今後のスキンケアの参考にしてください。

更新日: 2018年11月13日

9 お気に入り 5764 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「角質肥厚」について解説されているサイトを参考にしました。

fcfkrctiさん

角質肥厚、知ってますか?

ターンオーバーの乱れによって肌の表面に古い角質が剥がれずに溜まり、角質が厚くなった状態を角質肥厚と言います。

ターンオーバーが乱れると、肌の表面に古い角質が剥がれずに溜まって角質が厚くなってしまいます。それが「角質肥厚」なのです。

角質が厚くなってしまっているので、肌がごわついたりくすんだりします。また、スキンケアしても保湿成分などが肌に浸透しにくくなってしまうのです。

角質肥厚を招く原因とは

肌の乾燥によってターンオーバーが乱れてしまうことが原因の一つです。保湿不足や乾燥肌気味の人は注意してください。

乾燥しているとターンオーバーが正常に行われずに古い角質が蓄積されてしまいます。基本的に乾燥しやすい肌質、保湿ケアを怠りがち、などという人は要注意!

紫外線の影響にも注意が必要。今の時期は夏場の紫外線によるダメージが出やすい時期です。

強い紫外線を浴びることで身体の防御反応が働き、異物の侵入や外部からの刺激を防ぐために肌を厚くしようとして角質を蓄積してしまうのです。また紫外線は乾燥も伴うので、さらに悪化させる原因となります。

角質肥厚は様々な肌トラブルにつながる!

大人ニキビや毛穴のトラブル、シミなどの肌トラブルにつながる恐れがあります。

角質肥厚になると、皮脂の排出口である毛穴を角質が塞いでしまいます。毛穴が塞がれると皮脂がきちんと排出されず、毛穴の中に留まりやすくなります。ニキビの原因菌は毛穴に溜まった皮脂をエサに繁殖するので、これが大人ニキビの原因になるということです。

大人ニキビ

角質が厚くなった状態の肌は、毛穴の溝が深くなり目立つようになります。
さらに、溝が深くなった毛穴をそのままにしておくと汚れや皮脂が溜まり、黒ずみが悪化しやすくなってしまいます。
角質肥厚はこのように、毛穴目立ち→毛穴の黒ずみ、と毛穴のトラブルが気付かないうちに進行する原因にもなるのです。

毛穴のトラブル

私たちの肌は、紫外線などを浴びても細胞の再生によってメラニン色素が排出され、元通りの綺麗な状態に戻ります。
しかし、厚くなった角質をそのままにしていると、肌細胞が再生するサイクルが乱れて色素沈着を起こし、メラニン色素の排出が滞ってしまいます。これがシミの原因になるのです。

シミ

角質肥厚対策について

肌へ負担のかからない洗顔。洗顔後の保湿が大切。乾燥しやすい肌質や箇所は念入りに保湿しましょう。

古い角質が剥がれたあとの肌は非常にデリケートになっているため保湿ケアで潤いを与えてあげる必要があります。

その他にもストレスや加齢、ホルモンの乱れなど様々な原因が考えられますが、肌に負担をかけない優しいスキンケアと保湿を心がけることが「角質肥厚」を防ぎます。

1