1. まとめトップ

甘くて何に使ってもおいしいお野菜のカボチャ

独特の強い甘みがあり、煮物、焼き物、スイーツ、何に使ってもおいしいお野菜のカボチャ紹介まとめです。

更新日: 2018年11月13日

2 お気に入り 140 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

かぼちゃ大好きです。

moepapaさん

カボチャとは

カボチャ(南瓜、英: pumpkin、米: squash)は、ウリ科カボチャ属に属する果菜の総称である。原産は南北アメリカ大陸。主要生産地は中国、インド、ウクライナ、アフリカ。果実を食用とし、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類を多く含む緑黄色野菜。
日本語における呼称は、この果菜が国外から渡来したことに関連するものが多い。

ビタミンAを豊富に含む。皮は硬いが長く煮ることでやわらかくして食べることができる。サツマイモと同様にデンプンを糖に変える酵素を含んでおり、貯蔵によってあるいは低温でゆっくり加熱することによって甘味が増す。従って、収穫直後よりも収穫後、約1か月頃が糖化のピークで食べ頃となる。保存性に優れ、常温で数か月の保存が可能な数少ない野菜であるが、保存がきくのは切っていない場合で、切って果肉が空気に触れると数日で腐ってしまう。

甘みの強い品種は菓子作りにも向いており、パンプキンパイや、南アメリカのフランやタイの「サンカヤー・ファクトン」などのプリンなどに加工される。
フランスではスープの材料として使われることが一般だが、南部ではパイやパンに料理される。アルゼンチンでは中をくりぬいたカボチャにシチューを入れる。

おいしいカボチャ料理

スイーツにも

元々カボチャが甘みたっぷりなので、スイーツの材料してもよく合います。

評判

今日は喉痛くてボーっとしてたら、 次女が夕食に野菜炒め作ってくれた。 昨夜散々言い合いしたので、少しは悪いと思ってるのかしら? 昨日の険悪な感じは無くなり一安心。 (大好きなカボチャは私が煮ました) pic.twitter.com/5X8sUtfcJM

1 2