1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

過去最多のペースで「梅毒」に感染する日本人が増えている

集計開始以来、過去最多のペースで「梅毒」に感染する人が増えているそうです。

更新日: 2018年11月14日

36 お気に入り 170658 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■日本国内で「梅毒」感染者が過去最多のペースに

梅毒患者5811人、最多に この20年で 梅毒の患者は女性が20代、男性は20~40代に多い。 都道府県別では東京が1474人と突出している pic.twitter.com/jdqWlZE5P8

国立感染症研究所は13日、2018年に入ってからの梅毒患者報告数が11月4日時点で5811人となり、昨年の速報値(5770人)を上回ったと発表した

■そもそも「梅毒」って?

梅毒は、性的な接触(他人の粘膜や皮膚と直接接触すること)などによってうつる感染症です

主に性行為によって感染し、感染に気づきにくいことから治療の遅れや感染拡大につながりやすい

その感染力は、HIVなど他の性病と比べ非常に強く、たった1回の性交で感染する可能性は、15~30%と非常に高い

■主な症状は

第1期は、陰部、くちびる等の感染した部位に、小さなしこりや潰瘍ができ、少し遅れて股の付け根部分のリンパ節が腫れます

第1期の症状が一旦消えた後に、1~3か月経つと、手のひらや足の裏など全身に発疹が現れます

いったん症状がきえても(無症候期)、抗菌薬で治療しないかぎり治りません

■治療をせずに放置すると命の危険も

感染後数年を経過すると、皮膚や筋肉、骨などにゴムのような腫瘍(ゴム種)が発生することがあります

検査や治療が遅れたり、治療せずに放置したりすると脳や心臓に重大な合併症を起こすことがあります

菌はじわじわと全身に広がり、末期になると臓器や軟骨までむしばみ、かつては「不治の病」とされていた

■いったいなぜ国内で「梅毒」が増加しているのか

出会い系アプリなどによる感染機会の増加

梅毒の急増に関係していると考えられているのが、SNS上でもよく広告を目にする「マッチングアプリ」や「出会い系アプリ」

昔は、若い女性は同世代と性交渉をしていたが、最近はインターネットなどを介して年齢の離れた男性と関係を持つ人もいる

こうしたアプリの登場によって“出会い”が効率化しているが、その分、性感染症も広がりを見せているという

訪日外国人増加との関連性を指摘する声も

2013年頃から梅毒患者が増加していることを考えると、外国人観光客の増加と一致します

1 2