1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

あいみょんも!…RADWIMPS新アルバムでのコラボが豪華すぎる

12月12日にニューアルバム「ANTI ANTI GENERATION」をリリースするRADWIMPS。タイトルや収録曲の全貌が明らかになり、豪華コラボレーションが話題になっています。

更新日: 2018年11月14日

17 お気に入り 17169 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ラガモさん

CMで桐谷美玲と共演する、『RADWIMPS』の野田洋次郎

淡麗グリーンラベルの新CM「GREEN JUKEBOX 時篇」に桐谷美玲、野田洋次郎(RADWIMPS)が出演している。

RADWIMPSの名曲『なんでもないや』のオリジナルアコースティックverを、野田洋次郎さんがピアノ弾き語りで歌い上げ、動画の最後には、桐谷美玲さんがグリーンラベルを飲んだ後に、いいオフを楽しむ自然体の表情も披露。

草原の中、不思議なJUKEBOXに遭遇、ボタンを押すと、その世界観の中、野田が演奏する景色に変化、いいオフが楽しめる雰囲気を演出してくれる、というストーリーになっているとのこと。

淡麗グリーンラベル GREEN JUKEBOX 時篇 30秒

その『RADWIMPS』が来月12日に新アルバムをリリース

12/12発売ニューアルバムの全貌が明らかに! タイトルは「ANTI ANTI GENERATION」(読み方:アンティアンタイジェネレーション)に決定。4組の素晴らしいアーティストとの最強コラボが実現し、NHK「18祭」で披露された2曲も加えた全17曲入りのアルバムがここに完成しました^^ radwimps.jp/alive1212/ pic.twitter.com/Tw1rNN6thK

「2018FIFA ワールドカップ ロシア」フジテレビ系のサッカー中継のテーマ曲となった「カタルシスト」など全17曲が収録される。

同作では、豪華ゲストアーティストとのコラボが実現

彼の特徴のひとつが、高いキーなのにハスキーな声を出せることだ。地声と裏声がミックスされたような歌声を持つ。

1995年生まれ、兵庫県西宮市出身のシンガー・ソングライター

誰もが共感し自分に当てはめたくなるような歌詞の普遍性は、彼女の卓越した才能のひとつだろう。

MIYACHIさんは、アメリカ・ニューヨークに在住する日系アメリカ人のラッパー。

英語に片言の日本語を織り交ぜた独特のフロウが特徴で、日系アメリカ人としてアメリカから日本に発信するという他にいないポジションも注目をあつめている。

確かな演奏力とクールな雰囲気を漂わせながらも、圧倒的なパフォーマンスとラフでエンターテインメント、バースト寸前の爆音ジャズを展開するバンド、SOIL&"PIMP"SESSIONSのトランペット担当。

12月12日(いーねっいーねっの日)に発売するRADWIMPSの新譜で1曲ブロウさせてもらいましたよ。はじめましてタブゾンビと申します。新人です。 是非聴いて欲しいです。 レコーディング愉しかったなぁ〜っ。 pic.twitter.com/hFeMFCfq8i

このニュースにファンからは、さまざまな声が

1 2