1. まとめトップ

フランスの恋愛・結婚観とは?我慢せずに恋愛、離婚率も高い。

フランス人の恋愛・結婚観は、日本人とかなり異なっているようです。我慢して恋愛することなく、魅力的な相手を常に探している恋愛族です。結婚にあまりこだわっていませんが、離婚率も高くなっています。

更新日: 2018年11月14日

4 お気に入り 8085 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

◆男性がいて輝くフランス人女性

フランス女性が美しくいられるのは「ありのままを受け入れてくれて、愛をささやき続けてくれる男性パートナーがいるから」

◆自分の魅力を常に高める

自分の魅力が下落していくと、パートナーがほかの人に惹かれ、離れていく可能性もあるシビアな世界。

◆自分の個性・魅力を磨く

最も自分らしく輝いているか、何が自分の個性や魅力なのかを分かっている女は、恋愛においても強いでしょう。

“面白い女だ、放っておけない”と彼の興味を掻き立てるような存在であり続けるということです。

もっと自信を持てば周囲からの見方も変わってくると。年齢や外見に関わらず自信も持つ人は男女共にもてますからね。

自分の意見を持たないお姫様では「ツマラナイ」と思われてしまうので、知性や会話力を磨くこと、自分の意見を持つことはとても大切

議論好きなフランス人なので、フランス人男性の選ぶ女性は自分の意見がちゃんと言える人です。ちゃんと自己主張できないと子供っぽいと思われてしまいます。

◆恋愛以外で輝く

恋愛オンリーの女にならないのが、いくつになっても恋愛を楽しめる秘訣です。

◆家デートが楽しい

ワインや食事の用意に、就寝前のマッサージなど、フランス人ダーリンとのおうちデートは至れり尽くせり。

◆経済力より、本能を重視。

結婚においてパートナーの経済力を最重要視する日本とは違い、本能のままに恋愛し、結婚に到るケースが大半

◆本気で恋愛に突き進む

パートナーとコミュニケーションを図っている瞬間は、互いに全力で愛を注ぎ合い、冷めないための努力を怠らず、男と女であり続ける――それがフランス人たるもの。

他人は他人、自分は自分がベースなので、ばくぜんと大勢にモテたい欲求は生じません。

◆自分がどう考えるか。

自分には自分の思いが有る、それは自分の問題。相手が自分を好きじゃなかったら、それは相手の問題。私には関係ない。

1 2