1. まとめトップ
  2. おもしろ

グサっときた…みんなが目撃した『心に刺さるフレーズ』が深い

ふと目に飛び込んできた言葉、フレーズ、標語、または名言が心に突き刺さった報告を紹介します。

更新日: 2018年11月15日

135 お気に入り 185342 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Twitterユーザーの皆さんが様々な場面でふと見かけてた”印象的な言葉”にまつわる報告をまとめました。

justastarterさん

◆『お酒』にまつわる言葉 【2選】

◆心から同意できる『言葉』

@partyfoodism @lovely_amsel フォロー外から失礼いたします。 聖書のローマ人への書に出てくる 「義人無し、一人だに無し、聡きもの無く、神を求むる者無し」 …ですね。心に突き刺さる言葉ですね。

◆思わず『ハッとした言葉』

人のことを憎み始めたらヒマな証拠。 ネットで見つけてハッとした言葉 たしかにそうかも 飽きてイライラしてストレスぶつける対象探す心理 pic.twitter.com/t2vcBPrhUA

@hokazonomasaya ハッとしました!ありがとうございます。 私も誰かの事を憎む暇も無いようにしよう。 暇なら暇で誰かが喜ぶ事を考えようと思います。

◆考えさせられる『言葉』

・「俺が危い」 栃木県北部の幹線道路沿いやバス停、街角などに立っていることがある謎の看板。その力強い書体、交通安全を呼びかける標語なのだろうとギリギリ類推できる絶妙な力加減、そして「危ないのは車でも誰でもなく己自身である」という禅問答にも似た時間を与える看板である。(解説へ続く) pic.twitter.com/LxoUHW44DZ

この看板は当地のお寺の住職である方が「交通安全の標語看板を書いてほしい」と依頼されたもので、「俺が危い」とは彼がよく子どもたちに言い聞かせていた「交通事故は他人や物を傷つけたりするだけではない。自分自身が一番危ない。だから『俺が危い』という心構えが大事だ」からきているという。

ちなみに「水月」はかの住職の号。 「送り仮名が違ってるぞ!」という話は、送り仮名の付け方は時代とともにころころ変わり、職業や場所でも変わって来るうえ、緊急性が高かったり、スペースの問題がある場所では省略されやすいのでこれでいいのだ。

◆国全体に広めて欲しい『言葉』

@KEN19TUBE コメ失礼します( ˘ω˘ ) 僕のバイクの先輩が 「本当に上手な運転手はどんなシュチュエーションでも思った通りに車体を停めれる人」 って言ってました(*´∀`*)

◆心に突き刺さる『お寺のお言葉』 【6選】

『自分に満足できないから…』

1 2 3