1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

政治からファッションまで!冬のおすすめ「ドキュメンタリー映画」

冬公開のおすすめ「ドキュメンタリー映画」5作品のまとめ。『共犯者たち』、『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』、『世界一と言われた映画館』、『がんになる前に知っておくこと』、『We Margiela マルジェラと私たち』。

更新日: 2018年12月06日

12 お気に入り 4300 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『共犯者たち』(12月1日公開)

イ・ミョンバク(李明博)とパク・クネ(朴槿恵)政権の約9年間にわたる言論弾圧の実態を告発した韓国製ドキュメンタリー。

非営利独立メディア「ニュース打破」のジャーナリストが、政府のメディア介入の黒幕と共犯者らを追い、その経緯を検証する。

監督は、放送局MBCを解雇された後に「ニュース打破」でディレクターを務め、その後MBCの社長に就任したチェ・スンホ。

『共犯者たち』『スパイネーション/自白』試写。李明博→朴槿恵の暗黒政権時代、国家がいかに民の人権を踏みにじり=ス、メディアがそれに加担したか=共、終始ブレない視点で記録されたドキュメンタリー。 腐敗政権がメディアを掌握し放送人が怖いほど易々と膝を屈していく姿、いやでもどこかの国と! pic.twitter.com/nxKgs7tMv1

試写で韓国独立メディア「ニュース打破」制作のドキュメンタリー2本。イ・ミョンバク政権時代の言論弾圧・メディア統制の実態を告発する『共犯者たち』。KCIA~国家情報院による40年間に渡る北朝鮮スパイ捏造の真相を追求する『スパイネーション/自白』。どちらも見応えあり。他国事とは思えない。 pic.twitter.com/dzaTmfmth2

◆『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』(12月28日公開)

人気ファッションブランド「ヴィヴィアン・ウエストウッド」のデザイナーで、エリザベス女王から「デイム」の称号も与えられたビビアン・ウエストウッドの生き様を描いたドキュメンタリー。

音楽史を変えたパンクムーブメントの誕生秘話や、デザイナーとしての躍進と挫折など、世界的人気ブランドとして成功するまでの知られざる道のりが彼女自身の言葉で語られる。

さらに、モデルのケイト・モスやナオミ・キャンベル、エディターのカリーヌ・ロワトフェルドら、ファッション界を牽引してきた豪華な顔ぶれが次々と登場し、ビビアンの魅力を語る。

映画「ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス」(12/28公開)試写。77歳!最強デザイナーのドキュメンタリー。「世界をかき回すために生まれてきた」ってまさに。美人で活動家で、え?これ夫?めちゃくちゃ若いんですけど? (笑) #eiga #ヴィヴィアン・ウエストウッド pic.twitter.com/gTBybyZYFq

『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』試写。バッシングや嘲笑を乗り越えた末の成功。流行よりもレジスタンスを大切にする姿勢こそ、パンクの真髄だ。ミラクルな&アメイジングなショーの数々は必見。映らなかったけど、個人的にもすごく好きなコレクションがあるのだ!

◆『世界一と言われた映画館』(2019年1月5日公開)

山形県酒田市に存在した伝説の映画館グリーン・ハウスについての証言を集めたドキュメンタリー。

グリーン・ハウスは様々な工夫と設備を取り入れ、多くの人々を魅了していたが、1976年の酒田大火の火元となり焼失する。それから幾年月も過ぎた今、酒田の人々が当時を振り返る。

監督・構成・撮影は、「おだやかな革命」撮影の佐藤広一。ナレーションは、「教誨師」の大杉漣。

本日の試写『世界一と言われた映画館』(1/5公開)。素敵な映画館のドキュメンタリー。映画館と坂田の大火事以外に、名画や懐かしい映画スター(まさにこの呼び方がふさわしい!)も紹介されていて、映画好きならキュン。OPのムーンライトセレナーデからズキュンですが、EDにはスターダストを希望♩ twitter.com/mokkedanosakat…

このドキュメンタリー映画、ナレーションが大杉漣さんなんですよね・・・。これ、わが宮崎でも上映されるといいんだけどなあ。 「世界一と言われた映画館 酒田グリーン・ハウス証言集」 予告篇 youtube.com/watch?v=Nyi94V…

◆『がんになる前に知っておくこと』(2019年2月2日公開)

1 2