1. まとめトップ

4連敗の稀勢の里が休場を発表。九州場所は横綱不在の場所に

東横綱・稀勢の里の休場が発表されました。九州場所初日から4連敗となり、5日目の対戦相手の玉鷲は不戦勝が決定しました。

更新日: 2018年11月15日

1 お気に入り 605 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

東横綱・稀勢の里の休場が決定しました。九州場所初日から4連敗を喫したのは1949年夏場所以来。

kyonperoさん

横綱・稀勢の里が休場を発表

九州場所で初日から4連敗した横綱・稀勢の里(32)=田子ノ浦=が、5日目から途中休場する。

これで横綱昇進後11場所で、休場は9度目(途中休場は5度)。今年の秋場所までは、左大胸筋などの負傷の影響で6場所制となった1958年以降ワーストとなる8場所連続休場していた。

九州場所は横綱不在の場所に

今場所は初日から白鵬と鶴竜の2人の横綱が休場し、稀勢の里が一人横綱となり、土俵を締める役割を担っていましたが、横綱として87年ぶりに不戦敗を除いて初日から4連敗を喫して、5日目の15日から休場することになりました。

稀勢の里の休場はことしの名古屋場所以来10回目で、今場所は横綱不在の場所となります。

地元・茨城県牛久市の市民からは心配の声が

「一人横綱で大変な場所だったと思います。新たにけがをしたと聞いて心配ですが、来年の初場所で、頑張ってもらいたい」

「優勝したときの勢いがなく、本当に残念です。今後はどうなるかわかりませんが、最後まで横綱としてがんばってほしいので、いつまでも応援したい」

AbemaTVで大相撲を無料生放送中

1