超なつい(´;ω;`)アラサーがハマった「プリクラの思い出」

平成に流行ったものといえば、プリクラ!伝説と呼ばれたプリ機「花鳥風月」やみんなが撮ってた「姫と小悪魔」覚えてますか?平成最後なので、プリクラを中心に懐かしい思い出を振り返ってみましょう♪

更新日: 2018年11月19日

80 お気に入り 226716 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

学生時代はプリクラモデルをしてました。

プリが誕生したのは、23年前…

96年、彼らがレギュラーを務めていた『愛ラブSMAP!』で、番組プレゼントとしてメンバーのプリをプレゼントしたことから、認知度が上がり、各社が参入

当時、一世を風靡したプリ機がコレっ↓

#一般人の方が時々誤解しておられること 「プリクラ」および『プリント倶楽部』はセガホールディングスおよび関連会社の登録商標です。 一般名称は「プリントシール機」。 pic.twitter.com/loVHGQNtNw

\ プリント倶楽部!! /

フレーム付き。プリクラ専用シートなんかも文房具屋さんに売ってた。

「上上上下下下右左!」とコマンド入力すると、特別なフレームで撮影できた。たまごっちやつぶやきシローバージョンとかねw

当時はみんな手のひらを突き出すポーズででキメてたなぁ…しばらくして、全身プリクラも登場。

全身プリクラが登場したときの衝撃とプリクラ列の長さ

2003年頃から「盛る」時代に

プリクラに初めて顔認識機能を搭載したナムコのプリクラ『花鳥風月』は大ヒットとなった

花鳥風月以外にも、急激に進化したプリ機が増えた。

初期プリクラから比べると、驚くほど白いw
形は、縦長がメインに。

昔のプリ機でプリ撮れる場所って日本のどこかにはまだあるのだろうか… 私の青春時代の昔の機種でプリが撮りたい! 美肌惑星とか花鳥風月とか

日記風にしたり、あゆの曲の歌詞を書いたり、デコるのが必須。持ち歩くSNSだった。

遊びに行くときは必ず持ち歩き、みんなでプリ帳の回し読みをよくしていました

1回400円になったプリクラ。学生には正直キツかったので、カラコ(カラーコピーしたプリ)を配る子も。

プリクラ交換する時、1番好待遇は生で、次にカラコ(表に透明ビニテ+裏に両面テープ)、マシなのがカラコ(裏に両面テープのみ)、1番不親切なのがカラコのまま渡す っていうのわかる???

わかるwちなみにコピーしてないプリのことは「生プリ」って呼んでた。

電池カバーの裏側に、こっそり彼氏とのプリを貼る人も結構いたよねw

進化は続き、デカ目時代に突入

当時大ブームとなった「エビちゃん」みたいに目を囲って強調させるのがかわいかった。

ふんわり・クッキリと「写り方」も選べるように。撮りまくったなぁ。

「姫と小悪魔」は本格的なスタジオのように6基のストロボ。「美人」のストロボは10灯に。いまに続く“デカ目”時代を切り拓いたともいわれています

思い出してほしい、ジャングルジム付きや風が吹くプリ機があったことを…

そういえば私が小学生の時 プリ機の中に掴んでぶら下がる棒があったなあ

片付けしてたら高1のとき友達に書いてもらったプリ帳の表紙でてきた( ˘ω˘ ) 懐 pic.twitter.com/aOsKP278hl

「ギャル文字」も超ブーム!プリ帳も派手であればあるほどイケてたw

2010年代もどんどん進化する

mixiやtwitterなどSNS上にアップすることが普通になり、プリ帳は机の中に…

シールの集め方も、携帯電話の進化によって様変わり。携帯のアドレスを入力して、撮った画像をメールで送信することが常識

美女cosmeってプリ機はおまけ付き。綿棒とコットンのセットなんかもあったよね。

1 2