1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

普段Windowsしか使わない人が書いています。シリアル通信経由でGPS信号を受信する方法は多く見られましたが、USB経由で受信する方法は情報が少なかったためまとめてみました。実際は両者ともやることについては大差ないですが参考にどうぞ。

nozominoueさん

環境

Raspberry Pi 2Model B-USB接続であることからどのモデルでも可
・Raspbian(2018-10-09リリース版)-Debianのバージョンは9.6

使用するUSB GPS受信機

Amazonだと1200円で、EbayとAliexpressでは700円程度で購入可能です。
類似品が多いですが、
どれも中身は「u-blox AG」というモジュールを使用してるみたいです。
確認はしていませんが他のGPSモジュールを搭載した製品でも使用できそうです。

必要な操作

1)「sudo apt-get install gpsd gpsd-clients」でgpsdをインストール

2)「lsusb」でUSB GPS受信機が認識されているかを確認。
私の環境では「Bus 001 Device 005: ID 1546:01a7 U-Blox AG」となっています。
OS上では「/dev/bus/usb/001/005」として認識されています。

3)「gpsd デバイス」を入力
gpsdには必ず使用するデバイスを引数で指定する必要があります。
今回の場合は「gpsd /dev/bus/usb/001/005」です。

4)「cgps」を入力
これでGPSのデータを取得・表示することができます。

1