1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

30万部突破した「LIFE SHIFT」ライフシフトとは?

人生は100年続くようになる。今までのライフステージの考え方は破綻し、複雑なマルチステージ化する。「100年時代」=「幸せな人生」をどうやって成立させるかが、今後大事になってきます。

序 章 100年ライフ
第1章 長い生涯――長寿という贈り物
第2章 過去の資金計画――教育・仕事・引退モデルの崩壊
第3章 雇用の未来――機械化・AI後の働き方
第4章 見えない「資産」――お金に換算できないもの
第5章 新しいシナリオ――可能性を広げる
第6章 新しいステージ――選択肢の多様化
第7章 新しいお金の考え方――必要な資金をどう得るか
第8章 新しい時間の使い方――自分のリ・クリエーションへ
第9章 未来の人間関係――私生活はこう変わる
終 章 変革への課題

【LIFE SHIFT(ライフ・シフト)/リンダ グラットン他】を読みたい本に追加 → bookmeter.com/books/11136516 #bookmeter

『ライフシフト』でうたわれている3つの資産、スキル!健康!人脈!。どれも大切ですが、やはり健康でストレスのない生活こそが、安心のベースになりますよね。 #ライフシフト #リンダグラットン #cbd #cbdオイル #人生100年時代 #リラックス #ストレス解消 #医療大麻 #健康資産 #マインドフルネス pic.twitter.com/TWAw6tzj3i

世界で進む長寿化

世界では長寿化が急激に進んでいます。過去200年のデータを見ると、10年ごとに寿命が2年ずつ延びています。これは1年が14か月に延びること、あるいは1週間が9日に、1日が30時間になるのと同じです。

先進国では1967年生まれの半数は91歳まで生きると見込まれます。1987年生まれは97歳、2007年生まれに至っては2人に1人が103歳まで生きることになります。日本の場合はさらに長寿で、2007年生まれの半数が107歳まで生きると予測されています。人生100年時代は私たちが思っているより速く、驚くべきスピードで進行しているのです。

破綻する終身雇用

今までは、「教育」→「仕事」→「引退」というのが従来の一般的なキャリアでした。
特に高度経済成長期の日本においては、大企業に就職してしまえば、終身雇用かつ年功序列の制度により
安泰して定年退職まで働きつづけることができました。
さらに、年金制度も今と比べるとしっかりと整っており、老後に対しての不安も少なかったのです。
しかし、平成生まれ以降の人間からすると既に生まれたときからバブルが崩壊し、日本の経済成長は鈍化していました。
そのような中で、平成生まれは、一般的な「大企業」に入社すれば安泰というモデルの崩壊を体で感じています。

人生100年時代、働き方はマルチステージへ

同著によると、「100年時代」では現在多くの人が想定する「教育→仕事→引退」という固定された「3ステージ」の人生設計を「マルチステージ」に変える必要があるという。

100年生きることを前提とした人生では、旧来の「仕事ステージ」がマルチステージになる。

100年生きることを前提とした人生では、旧来の「仕事ステージ」がマルチステージになる。

マルチステージの人生では3種類のステージが追加される。
①エクスプローラー
②インディペンデント・プロデューサー
③ポートフォリオ・ワーカー

3種類のステージ

①エクスプローラーは、人生の意味や自分探し、世界を知る期間。
例えば、旅に出たり、インターンシップをしたりするような期間になる。

②インディペンデント・プロデューサーは、大企業を創業したいわけではないが、自由に働く「個人事業主」的な働き方をする期間。

③ポートフォリオ・ワーカーは、企業で働きながら他の能力を磨く時期。
例えば将来スポーツコーチに転職したいなら、休日にサッカーコーチのボランティアをするなど、「仕事+副業」的な働き方をする期間である。

有形資産だけでなく、無形資産が大事になってくる。

個人は貯金や物件といった有形資産だけでなく無形資産の構築と運用が大事になってくる。

「100年時代」=「幸せな人生」をどうやって成立させるかが、今後大事になってきます。マルチステージの人生を生きるには、お金という資産以外に、「無形の資産」を作ることが大切である。

4種類の無形資産

①生産性資産(能力)
②活力資産(健康)
③変身資産(3つの人脈)
④パートナー(結婚相手)

①生産性資本は仕事をする能力。

②活力資本は健康。
80歳まで健康に働けることが前提となります。

③変身資本はステージを移り変わるのを手助けしてくれる、人脈。
新たに働こうと思ったり、学ぼうと思ったときに、それを助けてくれる人脈を持っているかどうかが、人生に大きく関わる。

④はパートナー(結婚相手)。
ステージの移行期は、どうしても金銭面が不安定になりがちである。
この不安定な面をカバーするには、パートナーと移行期をずらすようにして、家庭の収入の変動を抑える必要があると思う。

まんがでわかるLIFE SHIFT

おはようございます。日曜日の朝ですね はあちゅうさんの投稿みて、本即ポチ♪ 読みまーす #ライフシフト pic.twitter.com/gaYy3GUDWd

1