1. まとめトップ

【これは震えた】“劇場”が凄いことになってた...。注目俳優の活躍まとめ

あなたは観劇が好きですか?劇団四季、宝塚歌劇団以外にも、実は全国には数え切れないほど多くの演劇集団が存在します。本当はまとめきれないほど溢れる”劇場”の魅力に迫り、まとめました。

更新日: 2018年11月25日

1 お気に入り 4303 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

演劇がなんとなく好きだった筆者も、友人に誘われ劇場へ足を運んだのがきっかけで観劇にハマりつつあります。各地で話題となっていて、注目が集まっている劇団と俳優さんについて調べまとめました。

hello-lifeさん

劇団とは・・

演劇創造を目的として結成された実践団体。芸術上の共通の目的をもち,一定の方針のもとに組織的に結集され,継続的,集団的に演劇活動を行う。

劇団といえば

をイメージする方も多いでしょう

”舞台”の魅力(画面越しでは感じられない感動があった!)

いろいろなサイズの劇場の観劇経験がありますが
あれは一度観ると辞められないですね・・!

役者さんと同じ空間で過ごすので、繊細な表情や
かすかな吐息までもが観客に伝わってきます

役者さんたちにとっても、観客の笑い声や
すすり泣く音がダイレクトに返ってきて
より生き生きとした芝居を見せてくれるようです

《役者さんに会える》
まず、何といってもこれが一番ではないでしょうか。普段の生活ではなかなか会えない人に会えます。テレビや映画に出ている役者さんが目の前にいると、何とも不思議な気持ちになります。
スタッフさんが少ない劇団では当たりませかもしれませんが、開演前の舞台に上がる役者さんが、チケット販売や客席誘導をしてくれるとドキドキして嬉しくなります。

《素の姿が見られる》
テレビや映画ですと、役者さんが演じている部分しか見えません。ですが、舞台の場合は演じていない部分も見られます。観劇後にある、役者さんと観客が話せる時間は最高です。

多くの場合は知り合いに挨拶をして終わりになりますが、気になった役者さんに声をかけることもあります。大きな劇場では観客が多すぎてあまり話せませんが、小劇場の場合は観客の数が少ないので、少し長めに話せるのが嬉しいです。

今、気になる!!おすすめしたい劇団

今回は、まだ存在を知らない人もいるであろう
これからの更なる活躍を期待して応援したい劇団を、地域問わずいくつか紹介します!

それぞれの劇団のカラーがあって、どれも魅力的です

【劇団アデッソ】

劇団アデッソとは
2018 年スタートした新たな劇団
主に、インターネット空間を劇場として活動する劇団
役者の面白さ・可能性を広げていく

気になる所属俳優・女優

生年月日:1992年2 月 6 日
出身地 :北海道
特技  :バスケットボール/スケートボード
趣味  :ファッション
資格  :英語検定準1級
HEIGHT:172 CHEST:82 WAIST:68 HIPS:92 SHOES:26.5

〈ドラマ「悪党」でデビュー〉
”原宿を訪れた際にスカウトされ、芸能界入り。2011年のテレビ朝日系列ドラマ 悪党 ”重犯罪捜査班” 村越亮介役で俳優デビュー”
http://kubo-hiroki.mato.media/ より引用)

このMV作詞のzopp氏は
修二と彰"青春アミーゴ"や山下智久"抱いてセニョリータ"などの作詞家だそう

”やっぱりイナバ!100人乗っても大丈夫”が印象的なCMですよね

またゲーム「剣と魔法のログレス」のイメージムービーや、
https://www.youtube.com/watch?v=EqF9mqVGNWk
そのほかにも舞台などにも出演し活躍中だそう

出典geion.net

ananヘアカタログ等出演
生年月日:1991 年8 月10 日
出身地:山梨県
血液型:O 型
趣味:映画・アニメを見る事
特技:ラテアート、絵を描くこと(版画・油絵)
資格:調理師免許
HEIGHT:168 BUST:83 WAIST:60 HIPS:87 SHOES:23.5

スチール
花王「ケープ」(2017~)
アヴァンセリアン東京(2016~)
ananヘアカタログ

TV・映画
大根仁監督「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」(2017)

その他にもこのような出演暦があります
「花王」や「anan」の仕事も請ける注目の女優さんです

【劇団拙者ムニエル】

94年、早大生を中心に結成されたナンセンスギャグ劇団。独特のポップで軽やかなステージングで若者層を中心に圧倒的な人気を博し、2001年には「絶叫家族」にて本多劇場進出を果たす。キテレツなキャラクター達が次々と繰り広げる笑いシーンの数々が、予測不可能なクライマックスに向かって疾走する独自の劇構成で、新しい「笑いのある演劇」の形を模索している。

気になる所属俳優・女優

劇団「拙者ムニエル」主宰(脚本家・演出家・俳優)
誕生日 1973年7月17日生
身長 169cm
体重 80kg
特技 振付
趣味 映画鑑賞、音楽鑑賞、テレビ観賞
血液型 0型
出身 東京都

『ニーテンナナゴー』

脚本・演出を拙者ムニエルの村上大樹氏が手がけ、
劇団員も出演しているそう

1 2