住民はせっせとモールで買い物をし、行政は立派な箱モノを地元の業者ではなく大手ゼネコンに作らせる。地方の住民は単なる下請けで、安い賃金で働かざるを得ない。

出典内閣府が算出した「最悪のシナリオ」これが33年後の現実だ!(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(2/5)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

過疎化する函館市の惨状!過疎化地域に指定され、消滅の可能性も。

観光都市として栄えてきた函館市ですが、過疎化が進んで苦しんでいます。函館駅前が閑散としており、観光客数も500万人を割り込んでいます。異国情緒がある函館元町周辺も寂れが目立つようになり、人口減少に歯止めがかからない状況です。

このまとめを見る