1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

塾代にお金をつぎ込んで「破産寸前」になってる家庭のリアル

子供を塾に通わせることによって破産寸前にまで追い込まれている家庭のリアルをご紹介します。

更新日: 2018年11月17日

52 お気に入り 194040 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のある情報を元に作成しています。

■学習塾に通わせている人は多い

28年度に発表した「子供の学習塾費調査」より抽出したデータとなりますが、なんと公立では約7割、私立でも約5割の生徒が塾へ通っています。

中学生の通塾率です。

中学生になると、「学習塾や予備校」の利用が急増(中1生36.0%、中2生44.9%、中3生59.4%)

小学3年生の時点で約3人に1人が学習塾費を支出しており、小6で約半数、中2で約3人に2人、中3では8割以上の方が学習塾費を支出している

■中には塾代によって破産寸前にまで追い込まれている家庭も…

子ども2人を通わせてやりたい。そんな親の願いが報いとなり、家計を蝕み始めていた。安田さん夫妻が相談に来たときは、すでに家計が破綻する寸前

夫婦あわせて年収は1000万円超。ところがこの1年で貯金額が100万円も減った。大きな買い物はしていない。

子ども達の教育資金が月々1人当たり5000円しか貯蓄できておらず、大学まで行かせてあげられるか不安

■原因は家計に対する塾代の割合が多すぎること

子どもの教育にかかる費用を“聖域”と考えていて、「子どもが望むなら」と、どんどんお金をかける傾向が

現在の我が家は、私立中学の学費や通学費用、塾代、バレエ代などで年間250万円くらいかかっていて、娘にかかる費用だけで年収の3分の1を超えています

収入は夫婦合わせて432万円です。

無計画な安田家。子ども2人を私立校に通わせるには、世帯収入が足りていないのは自明

■教育費や生活費は「小学校<中学校<高校<大学」というのを理解しなければならない

今後お子さんが成長するにしたがって、教育費やその他の生活費が上がってくることは確か

幼稚園から高校の15年間にかかる教育費を単純合計すると、すべて公立に通った場合で約540万円、すべて私立に通った場合で約1,770万円もの費用がかかる

■塾や教育費で破産寸前…と嘆く方も多い

平日ならありそぉだなー。 でも…今月は塾代で諭吉が9人旅立つ。。。 来月からは4人。 ちと抑えないと破産だ⤵⤵

今でもカツカツなのに来年中学生の子供が2人になるという 塾代だけで破産しそうよ

@roco_nista 塾代破産…!!模試代とかも結構かかるし、そこまでの交通費とか…。ひいぃうちも色々考えねばいざと言う時首が回らなくなる!

■塾や教育費による破産を避けるためにはどうすればいいのか?

姉は習い事をすべてやめ塾のみとし、妹は塾と習い事1つを残した。そのほかにも食費、水道・光熱費、通信費、自動車関連費を削減。

削れるものは全て削りましょう。

1 2