1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

やはりフォートナか…韓国最大のゲームショウで分かったこと

韓国最大のゲームショウG-STAR 2018で分かったことをまとめました。

更新日: 2018年11月17日

5 お気に入り 15889 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・11月15日から11月18日まで行われる「G-STAR 2018」

11月15日から11月18日までの4日間にわたって、韓国・釜山のBEXCOにて開催されるゲームショウ「G-STAR 2018」。

“G-STAR”は世界3大ゲームショウと言われている“E3”(アメリカ)、“東京ゲームショウ”(日本)、“gamescom”(ドイツ)に継ぐ規模の韓国最大のゲームの祭典。

2017年は来場者数227,398人、出展社数525社と例年規模を拡大させており、初日となる本日も正午から多くの来場者で溢れかえっていた。

G-Star事務局によると,9月の時点で参加申し込みがB2CエリアとB2Bエリアを合わせて2874ブースを記録し,昨年の最終出展数となる2857ブースを上回ったとのこと。

・目立つフォートナイトの存在感

2018年のG-STARは、世界中で爆発的人気を起こしている『フォートナイト』を手掛ける企業・Epic Gamesがメインスポンサーを務めている。

さらに,G-Star会場だけではなく,釜山市内周辺で特別広報ブースを設置してイベントを開催するなど,韓国での周知に熱を入れているようだ。

・韓国のイベントだけあって日本に馴染みのあるゲームも並ぶ

新作スマホゲームやPCゲームの試遊、そしてesport大会がイベントのメインとなっており、ネクソンやネットマーブルなどの日本でもおなじみの会社が軒を並べている。

しかし韓国は「リネージュ」などのMMORPGをネットカフェでプレイしてきた文化を背景に、現在はeスポーツが大きな市場を形成するなど、日本のゲームシーンと異なる点が多い国でもあります。

本イベントでは、PCオンラインゲームやモバイルゲームをはじめ、アーケード・ボード・コンソール、ゲーム周辺機器などゲームに関する幅広いコンテンツが出展されており、韓国の最新ゲームを体験

・そんなNexonは300ブースで、計14タイトルを出展

ネクソンのゲームを公開生放送する「Nexon Studio」では、韓国にて180万人以上のフォロワーをもつ「Great Library TV」と「ドッティTV」に出演しているインフルエンサーがネクソンのゲームを講評するなど、期間中は注目のイベントが多数予定されている。

2002年のサービス開始以来、その音楽性にも強い支持が集まる『テイルズウィーバー』のモバイル版『テイルズウィーバーM』、さらに、ほのぼのとした世界観が2004年の配信開始以来愛されている『マビノギ』のモバイル版『マビノギモバイル』がお披露目となる。

1996年にローンチした「風の王国」を皮切りに,ネクソンは22年以上にわたってさまざまなタイトルのサービスを続けてきたが,これまでも,そしてこれからも,同社のタイトルがプレイヤーの人生の近くにあるようにという想いを込めているという。

・完全新作RPG「DragonHound」も面白そう

本作はもともと,馬に乗って弓でドラゴンを狩る,スマートフォン向けの横スクロールアクションだったという。ただ,巨大なドラゴンに対して弓を撃つだけでは,何のロマンも感じられず,スマートフォンではドラゴンの表現にも制限があった。

1 2