1. まとめトップ

フラワーボーイとも再会…ロシアでも注目された羽生結弦GP初連勝

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロシア杯で #羽生結弦 (はにゅう ゆづる)選手が自身初の連勝を果たした。その勇姿を見届けた人たちも話題になりました。

更新日: 2018年11月18日

2 お気に入り 17609 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

レジェンドからちびっこまで羽生くんの演技に夢中になりました。

nyokikeさん

▼フィギュアスケートの羽生結弦選手がGP通算10勝、シリーズ自身初の連勝を果たした

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロシア杯は17日、モスクワで男子フリーがあり、平昌(ピョンチャン)五輪で66年ぶりの連覇を達成し、ショートプログラム(SP)で110・53点の今季世界最高得点をマークして首位発進した羽生結弦(ANA)が167・89点で1位となり、合計278・42点で日本男子最多のGP通算10勝目(ファイナルを含む)を挙げた。

シリーズ自身初の連勝(ファイナルを除く)も果たし、シリーズ上位6人が出場するファイナル(12月、カナダ・バンクーバー)進出を決めた。

☆GPSロシア 男子リザルト isuresults.com/results/season… 1st羽生結弦278.42 2ndモリス248.58 3rd友野一希238.73 4thコリヤダ225.42 5thキーガン220.75 6thフェンツ220.57 おめでとう✨ pic.twitter.com/tjYjZMkVrw

昨季世界選手権5位で、82・26点でSP4位の友野一希(同大)はフリー3位の156・47点で、合計238・73点で総合3位。シリーズ自身初の表彰台を決めた。

▼SPは世界最高得点、怪我を乗り越えての迫真の演技

男子SPで羽生結弦(ANA)が110・53点をマークし、首位発進を決めた。今月上旬のフィンランド大会でマークした106・69点を3・84点更新する世界最高得点。

「ノーミスって胸を張って言える。これが実質マックス」と語る会心の演技に自ら拍手。世界最高得点という高い壁を、すぐさまその手で打ち破った。「頑張れたかな」。羽生は誇らしげに笑った。

羽生は公式練習で4回転ループを試みて転倒し、途中で練習を切り上げた。会場を引き揚げる際は右足首をアイシングし、足をやや引きずりながらバスに乗り込んだ。

朝の練習中に転倒して怪我を負ったことで、出場を見送ることは考えたかと質問された羽生選手は、「靭帯の損傷には間違いないので、ドクターの指示では3週間の安静です。そうすると調整期間を考えると全日本も厳しい。だから何をしたくて何を削るかを考えた上で今日しかないかなと思ってやりました」と答えた。

ファイナル出場について羽生選手は、「今は脳内物質や痛み止めの錠剤が効いています。ですが明日も厳しいと思うし、ちょっとファイナルについては考えないといけないかなと思っています」と明かした。

・そんな中で見せた気迫の演技

冒頭に予定した4回転ループは回避し、サルコーに変更して成功。続く4回転トーループも着氷した。基礎点が1・1倍になる後半は、フィンランド大会で成功させた4回転トーループ−トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)ではなく、4回転トーループ−3回転サルコーでつないだ。

・羽生結弦選手のコメント

羽生は「フリーについては情けない演技。申し訳ない気持ちでいっぱい。足首がゆるまってどうしようもなかった」と声を震わせて振り返った。

「(タラソワさんに)足は大丈夫? よくがんばったねという話しをしてもらって。でも、よくがんばったではなくて、素晴らしかったよといってもらえる演技をしなくてはいけなかった。今日プルシェンコさんはいないですけど、タラソワさんとか、ヤグディンさんとか、僕がスケートに熱中するきっかけとなった方々がいるロシアの地でこういう結果になったのは悔しいです」。

▼タチアナ・タラソワ氏が羽生くんのSPを見つめていた

SPは憧れのジョニー・ウィアー氏がかつて使用した「秋によせて」。ウィアー氏の同プログラムを振り付けたタチアナ・タラソワ氏が、会場で羽生のステップを立って見つめていた。

その姿を見つけると思わずギアが入る。「指先や表情、一つ一つの音の感じ方を大事にした」。湧き上がる感情を銀盤へ焼き付け「自分の中でも評価できる。うまくできた」と羽生。表現力を表す演技構成点でも今季最高点をマークした。

「タラソワさんが立って下さっているのが見えて。とてもありがたいこと」。フィンランド大会ではレベル3にとどまったが、この日はレベル4を獲得。「すごく感情のこもったものになった」と振り返った。

・フリー(FS)では尊敬するプルシェンコのバイオリニスト、エドウィン・マートン氏が見つめていた

1 2 3