1. まとめトップ
  2. 雑学

旭川から稚内までは200kmも離れているの!?意外と知らない日本の地方都市同士の距離の遠さ・近さ

東京に住んでいる我々にとっては、なんとなく認識がいい加減になりがちなのが地方都市。ピンポイントで「だいたいどの辺にあるのか」は分かっても、近隣のほかの地方都市同士との距離間は分からないものだ

更新日: 2018年11月24日

3 お気に入り 6856 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

意外と知らない日本の地方都市同士の距離の遠さ・近さについてまとめてみました

gudachanさん

「同じ道北」なんて大間違い!旭川~稚内間は特急でも3時間40分

北海道の道北エリアの最大都市といえば旭川。そのさらに果ての北端に位置する都市といえば稚内というのは誰もが知ることだろう。しかし、広い北海道とは言え、同じ道北エリア内にあるこの2都市が200km離れていることはあまり知られていない。東京から愛知県に行けるくらいの距離だ

旭川から稚内までゆうに200km以上あるが
サロベツ原野、浜頓別から南はこれといった観光地は見かけないのだ。

旭川~稚内間は特急「宗谷」のほか
特急「サロベツ」(所要時間約3時間40分)が1日2往復運行されています。

「同じ県内」と思うなかれ!熱海~静岡間は80kmの距離

静岡県の東側にある代表都市・熱海市と、県央部に位置する県庁所在地静岡市までは約80km。電車で80分前後。これは熱海市と神奈川県の県境から、神奈川県と東京都の都県境までよりも直線距離の上で長い

長崎市から五島市までの直線距離は100kmで、福岡市までとほぼ同じ

長崎県の地図を見ればわかるように、県庁所在地の長崎市からちょうど西の先にあるのが五島列島だ。だがその直線距離は100kmで、福岡市の中心街に行くのと同じ。ちなみに長崎市から反対の東側に一直線に進むと80km足らずで熊本市の中心街に至る

五島市は長崎港から約100kmの海上に位置し、11の有人島と52の無人島により構成されています。

松江市の空の玄関口は米子空港!?意外と近かった鳥取県米子市

島根県の県都・松江市。最寄りの空港は、西に宍道湖を挟んだ出雲空港(出雲縁結び空港)、東に中海を挟んだ米子空港(米子鬼太郎空港)とあり、東京寄りである米子空港の方が都心までの空の便が充実している。米子といえば鳥取県第二の都市。ほとんど近接しているのは意外なイメージだ

松江育ちです。
松江から羽田に行くならば米子空港をだいたい普通使いますよ。
米子空港のほうが便が多いですから便利です。

近畿地方のはずれにある印象の滋賀県大津市 実は京都市と隣町

県のど真ん中に琵琶湖を有し、周囲を山に囲まれた滋賀県。大阪とは京都府を挟んで離れて見える。関東の感覚であれば群馬県のような辺境のイメージだが、実はその県庁所在地の大津市と京都市は自治体としては隣町。大阪までの距離も意外と近い

とにかく京都、大阪へのアクセスがしやすいです。私の住んでいるエリアからだと京都駅までは家を出てから20分です。
近くないですか?そうなんです。近いんです。

滋賀県の県庁所在地、大津市。京都へのアクセスが良く、大阪へもJR新快速で40分!ビジネスとしても使える地域の一つです。一方で琵琶湖観光の玄関口でもあり彦根・長浜等の湖北観光への拠点としてもアクセス至便な地域でもあります。

岐阜市と名古屋市は、実は快速電車で18分の距離

岐阜県と愛知県の距離間も、東京からのイメージと現実はかなり違う。県都・岐阜市から名古屋市に行くまでの東海道線は途中両県の3市2町の自治体を通過することになるが、新快速で18分と驚きの近さだ

羽島市に至っては東海道新幹線の岐阜羽島駅を利用すれば名古屋駅まで10分でアクセスできます。

海峡の溝は実は狭い!?北九州市と下関市はほぼ同じ都市

本州から外に出る場合は津軽海峡(北海道)や瀬戸内海(四国)のように広い海で隔たれている傾向があるが、九州の間の関門海峡は狭いところでは650mしか幅のない、川のようなもの。そのため下関市民が対岸の北九州市に通勤するなど、生活面で一帯都市圏がなされている

関門海峡は本州と九州を分け隔てる海峡。山口県六連島~福岡県北九州市部崎までの約15M(1M=1.852km)が関門海峡とされています。海峡は一番狭い所で約650m、一番深い所で水深47mというもの。狭い海峡ながら1日約650隻もの船が行き来している、海上交通の要所というわけです。

北九州の門司側と下関側とを結ぶ海底トンネル「関門トンネル」を徒歩で渡ることができるのをご存知でしょうか。
世界的にも珍しい、”海底散歩ができる区間”は約780メートルで、時間にして約15分です。

1