1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

iPhoneユーザーが使いこなす「3D Touch機能」

3D Touchの感度は「弱い・中・強い」から選択可能となっており、画面下部から感度テストを行うことも可能です。

Twitterアイコンを強く押すと・・・

twitterのアプリを3Dタッチしてみたところ、「検索」や「ツイートの投稿」などのショートカットが表示されました。

タイムラインを表示するためのホームアイコンを長押ししてみてください。アカウント切り替えメニューが画面下部に表示される

さらに、ツイート作成ボタンでも・・・

iOS版Twitter、ツイート作成ボタンのところを3Dタッチで切り替えができるのいいね。 pic.twitter.com/qJkHxzrxpO

今初めてツイッターの右下のボタンで3Dタッチできるの知った……

LINEの3Dタッチもめちゃ便利で・・・

最近携帯が調子悪くて画面の反応悪いな〜って思ってたまたまLINEを長押ししたらこんな機能が、、 LINE交換でQR出すのが楽… なんて便利な機能(*´꒳`*) みんなに知って欲しくてすぐ教えたかったけど、知らなかったのは私だけだったりする?!笑 pic.twitter.com/q5Z3lsfumH

LINE 意外と気が利くな。 QR コードリーダーが欲しかったら LINE を長押しすればいいのか pic.twitter.com/6VpPech9IR

見落としがちなのがコントロールセンターで・・・

Wi-Fi、Bluetoothなど通信のオン/オフを切り替えられるエリアを「長押し・3D touch」すると、Wi-Fiなどそれぞれの通信状態を詳細に確認することができます。

音楽はコントロールセンター上からでも再生や停止など、簡単な操作はできるが、3D Touchだと下画面のようなウィンドウがポップアップし、より細かな操作が可能になる。

コントロールセンターのフラッシュライトって長押しで照度調整できるのかよ 今知ったよそんなの pic.twitter.com/1gK5IlBMZ3

⚠️iPhoneのAirDropは「受信しない」か「連絡先のみ」にしておきましょう。 (電車の中で使おうとしたら、出るわ出るわ) コントロールセンターのネットワーク関連のパネルを長押し>AirDropで変更 pic.twitter.com/EV2wH5EPSi

今気付いたけど、コントロールセンターから長押しでライトの明るさ変更できるようになってた! pic.twitter.com/ci7Dh2XTUh

また、iPhoneの左側を強く押すと・・・

iPhone 6s以降の3D Touch対応機種で画面の左端をプレス(画面を押し込むように触れる動作)すると、画面が振動しマルチタスク画面の一部が表示されます。

1 2