1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

今でこそアイドルグループに所属しテレビに引っ張りだこの彼女だが、その背景には想像を絶する過去が。そんな現在大注目の戦慄かなのさんについての記事をまとめてみました。

壮絶な生い立ち

1998年に大阪九条で生まれ、小学一年生の頃に両親が離婚。
その後、母と妹と共に東京都港区へ引っ越す。
しかし、ある時突然母親が家に帰って来なくなり、育児放棄(ネグレクト)が始まった。
いつご飯が食べられるか分からない状況に陥り、一週間水だけで生活することもあったという。

育児放棄から精神疾患に

母からの愛情を注がれなかった彼女は、内向的な性格に育ち人との関わりを避けるようになる。
また、小学四年生の時には自律神経失調症とパニック障害を発症し、中学二年生の時には自殺を試みるも未遂に終わった。

高校を中退し非行の道へ

高校を中退した彼女は、ブラックビジネス(窃盗・JKビジネス)へと手を染めるようになる。
始めた理由については「母親に頼る生活から自立した生活をしたかった」と話しているという。
その後、犯罪を繰り返して警察に捕まり少年院へ入ることに。

少年院での生活

少年院の中では新聞紙を折ったり、ひたすらレース編みをする生活をしていたという。
また先生に対して反抗することが多く、頻繁に単独寮に連れていかれることもしばしば。
更には反抗を繰り返すことで刑期が伸び、満期の二年まで少年院生活をしていた。
彼女は「あの頃は人からの愛情に飢えていて、甘えたい一心で先生に反抗していた」と語る。

そんな彼女は悪いことばかりをしていたわけでなく、
外部からの情報が遮断された空間の中で何かをしなきゃという思いから、
本を5000冊読んだり、新聞の端から端まで読み通したり、秘書検定・ワープロ検定・エクセル検定・危険物取扱者・漢検準一級・高卒認定まで取ったようだ。

現在の戦慄かなの

現在は少年院でとった高卒認定で大学受験をし、
都内の私立大学に通いながらアイドルグループ(ZOC/femme fatale)として活動。
ミスiD2018ではサバイバル賞を受賞したちまち話題に。
また育児放棄や児童虐待の子供たちを守るために、
クラウドファウンディングで資金を集めて、NPO法人の申請(Bae)を通している最中。
早ければ今年中にNPO法人として正式に設立されるという。
今後も彼女の活躍から目が離せない!

1