1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

キングダム好きなら読むべし…「戦記モノ」漫画が名作ぞろい!

一度読み始めるとまじで止まらない名作「キングダム」。でも実は「戦記モノ」漫画は他にも魅力的な作品がたくさんある!「アルスラーン戦記」,「幼女戦記」,「皇国の守護者」などなど…未読の人は損してるレベルの名作をまとめてみました。

更新日: 2018年11月19日

31 お気に入り 25418 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

キングダム一気読みしているので,ついつい調べてしまいました!

critical_phyさん

日本一売れてるビジネス書…「キングダム」の勢いが止まらない!

中国の春秋戦国時代の世界を描き、爆発的な人気を誇っている漫画『キングダム』。累計発行部数は3600万部を突破し、来春には山崎賢人さん主演での実写映画化が決まるなど、まだまだその人気は収まりそうにありません。

10月には「今、一番売れてる、ビジネス書。」というキャッチコピーのもと、キングダムの表紙をビジネス書風に変える広告キャンペーンが打たれ、SNS上で話題になるなど、ビジネスパーソンにも絶大な人気を誇っています。

ストーリーは、始皇帝が若年王として王位に就いた、少年時代から始まります。命をかけて他国と戦う様子に、終始ハラハラドキドキさせられるわけです。

しかし…「戦記モノ」はキングダムだけじゃない!中毒者続出の名作ばかりなんです。

ハマりすぎ注意…「アルスラーン戦記」が面白すぎる!!

強国「パルス」の王子・アルスラーンは、いまだ何者でもなく、ただ好奇心にあふれていた。「頼りない」「気弱」「器量不足」と言われたアルスラーンが14歳になった時、遠国の異教徒がパルスへ侵攻。アルスラーンは初陣の時を迎える。

荒川弘の作画で『別冊少年マガジン』(講談社)2013年8月号より連載中。

原作者の体調不良等で何度か執筆が中断され、「終わらない大作小説」としてファンをやきもきさせ続けたが、2017年12月に刊行された16巻をもって完結。第1巻「王都炎上」刊行の1986年から数えて31年後に物語の幕が引かれることとなった。

原作を読むと、コミカライズされたものはどうしても端折りが気になったり、話が急展開に感じてしまったりしがちですが、それを感じませんでした。逆にうまく省略されていて、すごく読みやすい。物語に入りやすいですね。

おすすめポイントは、やはり戦略と戦術の駆け引き!どのように戦いの場を攻略してゆくのか、というやりとりは見ていてとても面白いです。

アニメ化もされていて、おもしろそうだとは思ってたが読んでみたら期待通りおもしろかった。アルスラーンという頼りない王子が主人公というのがいい。ここからどう成長していくのだろう…小説も気になる。

「アルスラーン戦記」10巻。巻が進むごとに面白くなるねーほんと。登場人物が魅力的すぎて、そこはやっぱり荒川さん、さすがだなー。 pic.twitter.com/GOUTrpE0AL

良い意味でタイトル詐欺?「幼女戦記」が熱すぎる!

「第一次世界大戦」と「第二次世界大戦」が混ざったような状況のヨーロッパに似た、初めて世界大戦を経験する世界を舞台とし、その世界に女の子として生まれ変わった元日本人のサラリーマンが軍へ入隊、自分が所属する「帝国」の兵士として敵対国家群と戦っていく。

コミック版は漫画家東條チカにより月刊コンプエース2016年6月号より連載中。

書籍版を元にWeb小説の小ネタも盛り込んで再構成。見事に「美味しいとこどり」を成した構成力で原作ファンからの支持を得ている。また、月刊誌では通常2話~3話に相当するページ数でのハイペースな連載ながら、崩れや手抜きが一切見られない点も評価が高い。

タイトルに「幼女」とついていますが、中身はかなりハードなミリタリー漫画で血みどろで硝煙にまみれた戦場の息吹が感じ取れるガチガチの戦争漫画です。

タイトルで引いてましたが面白いこれ。時々挟まれる歴史うんちくや用語説明もわかりやすいし、ツボに嵌る。いやぁ神様って性格悪いっスね。

萌え系を期待すると、痛い目を見ることになります。完璧に、中身が外見を裏切っています。超シリアスな戦記ものの中に、なぜか愛らしい姿の幼女(中身は冷酷なおっさん)が混在しているという「ギャップを楽しむ」のが、正しい読者の姿かもしれません。

幼女戦記の魅力を一行でお伝えしようと思います。 幼女:あぁん…!?(ゲス顔

未完の名作…「皇国の守護者」には根強いファンが多い!

人と龍が共存する世界で、小さいながらも貿易によって繁栄していた〈皇国〉と、その貿易赤字を解消するために海の彼方から侵略してきた〈帝国〉との戦争、それをきっかけとして激化する〈皇国〉内部の権力闘争を描く。

2004年から2007年に『ウルトラジャンプ』で連載された作品。架空世界を舞台とした佐藤大輔さん原作の戦記小説を漫画化したものです。原作は9巻まで発表されていましたが、2017年3月に佐藤さんが急逝したことにより未完となりました。

1 2