1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

平成ラストは見逃せない!昭和最後の紅白メンバーが若かった件。

今年が平成最後の紅白歌合戦ですね。内容にも期待ちゃいますね。ところで昭和最後はどんなだったんでしょう…ちょっとビックリかも!

更新日: 2018年11月25日

15 お気に入り 27539 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pinkswan999さん

◎今年は平成最後の紅白歌合戦ですね。

今年もこの季節がやってきました!第69回を迎える大晦日恒例の『NHK紅白歌合戦』。

紅組は広瀬すず、白組は櫻井翔(嵐)が司会を務める。総合司会は昨年に続き2年連続となる内村光良(ウッチャンナンチャン)だ。

▼出場歌手も決定しましたね。初出場は6組

今年『U.S.A.』が大ヒットしたDA PUMPは16年ぶり、松任谷由実が7年ぶり、aikoが5年ぶりに出場するなど「復帰組」のキャスティングも目立った。

初出場はあいみょん、DAOKO、King & Prince、Suchmos、純烈、そしてX JAPANのYOSHIKIが、L’Arc~en~CielのHYDEと共に「YOSHIKI feat. HYDE」として初出場します。

第69回NHK紅白歌合戦⚪ 速報!出場歌手が発表されました! 今年の出場歌手はコチラです どんなステージになるのか12月31日までお楽しみに✨ #NHK紅白 nhk.jp/kouhaku pic.twitter.com/rJ9ZC56rBY

◎ところで、昭和最後の紅白はどんなだったかな…自粛ムードでした。

1988年(昭和63年)12月31日にNHKホールで行われた、通算39回目で昭和時代最後のNHK紅白歌合戦

昭和天皇の病状が悪化しており自粛ムードのなかで行われる

紅白自体・・・ 見ていないから・・・ 昭和最後の紅白って言ったって・・・ あの時は、最後だとは、 思っていなかった・・・

▼司会が和田アキ子さん・加山雄三さん。

総合司会には杉浦圭子が初起用、女性の総合司会起用は史上初である。

そんなNHKを一番見る世代にとって“演歌や歌謡曲”は必要なのではないかと思う。それを『世代交代』という名目で落選させるのは如何なものかと感じる。 余談だが、昭和最後の第39回紅白もバラエティーに富んだ歌手が出場した。皮肉にも昭和最後の紅白司会は和田アキ子さんだった。 pic.twitter.com/xyjYOcP9Ic

▼初出場が!光GENJIに男闘呼組、TM・network 男性グループに勢いもありましたね。

光GENJIはこの年ヒット曲を連発し、レコード大賞も受賞。初出場にしてヒットメドレーを披露した。小室哲哉率いるTM NETWORKが登場。

最近、平成最後の○○ってよく聞くから、なんとなく昭和最後の紅白歌合戦をググってみた。知ってたけど、光GENJIが初出場トップバッターで、メドレー歌ってて、なんか胸熱。

昭和最後の紅白で初出場。 平均年齢19.5歳。来年新しい年号での男闘呼組が見たい(切実) pic.twitter.com/mS45yNNHgP

男闘呼組も初出場でした…

▼1988年、松田聖子に中森明菜、小泉今日子…女子はシングルアイドル時代でした。

1980年代は女性アイドル全盛時代で数多くの女性アイドルがデビューした。

1 2